今日のレイアウト002【ゼロから始めるプラレール】

プラレール(レイアウト)
06 /15 2015
th_P6151976.jpg
レイアウト組んでみました第二弾。
今日も直感で組み立てています。

前回は交差ポイントレールを主体に組みましたが、今回は立体化してみたいので、坂曲線レールを中心に据えた上で周りをつないでいきました。

関連記事:

R-18 坂曲線レール 【ゼロから始めるプラレール】



th_P6151978.jpg
立体化されることで、平面のレイアウトが見違えるようにそれっぽくなりました。

th_P6151979.jpg
坂曲線を下り、さっき走っていたレールの下に入っていきます。

th_P6151980.jpg
ぶつからないギリギリの高さで進入します。ひやひや。

th_P6151981.jpg
ブロック橋脚をたくさん買う余裕がなかったので、トミカシステム用の橋脚を部分的に代用しています。
トミカシステムの橋脚は、代用できることと、できないことがあるので、それはまた別の記事でご紹介します。

関連記事:

プラレール橋脚とトミカシステム橋脚はどこまで代用できるのか。備忘メモ。



th_P6151982.jpg
トミカシステム用なので、トミカロゴ入りです。

th_P6151983.jpg
並走しているうちの左側が坂曲線になっていて、右側はそのまま平面を走ります。
外側と内側のズレを1/4直線レールで修正しています。

th_P6151984.jpg
立体交差いいですよね。

th_P6151985.jpg
部分的に3本のレールが並走します。
ここだけみるととっても複雑なレイアウトに見えて私の心を刺激します。

th_P6151986.jpg
単線・複線ポイントレールと、ターンアウトレールをなんとなく近い場所に組み込んでみたら面白いことに。

th_P6151988.jpg
上から見ると円が2つ重なり合うような形になっていて、視覚的にもおもしろくできました。

th_P6151989.jpg
はね橋も大活躍。直線レール1本分の長さなので、直線レールを節約するのに便利だったりします。

今回のレイアウトで使った部品は以下の通りです。
th_P6151990.jpg

直線レール:7本
曲線レール:22本
2倍直線レール:1本
1/2直線レール:2本
1/4直線レール:1本
坂曲線レール:各4本
ターンアウトレール:2本
単線複線ポイントレール:2本
複線曲線レール:2本
ミニ橋脚:12個
ブロック橋脚:2個
トミカシステム:2段橋脚:2個
トミカシステム4段橋脚:2個

今日のレイアウト001【ゼロから始めるプラレール】

プラレール(レイアウト)
06 /11 2015
部品が揃ってきたのでレイアウトを組んでみました。

この記事をあげる関係で、予約投稿で間隔をコントロールしていたレール紹介の記事のアップを前倒しした結果、今日の更新数がすごいことになっていまいました。見にくくてすいません。お付き合いください。

th_P6111729.jpg
今回作ったのはこんな感じ。
部屋の大きさと、所有するレールをできるだけ使えるように工夫しています。

th_P6111730.jpg
先日買った交差ポイントレールを使ってみたいので、それを中心にしています。

関連記事:

【ゼロから始めるプラレール】R-14 交差ポイントレール



th_P6111731.jpg
一番左端のポイント切り替えで、東京駅を通過する外周と、交差ポイントのある内周のコースを選択できるようにしました。


th_P6111733.jpg
別々のコースが出会って、伏線になるのが好きです。


関連記事:

【ゼロから始めるプラレール】 R-13 単線・複線ポイントレール
【ゼロから始めるプラレール】R-04 複線直線レール / R-05 複線曲線レール




th_P6111739.jpg
今回のレイアウトの中心にある交差ポイントレールはこんな感じ。
左のポイントから中にはいっていきます。

th_P6111736.jpg
全て直進でポイントを合わせていると、内側の8の字の走り続けることができます。

th_P6111737.jpg
途中で手動でポイントを動かすと

th_P6111738.jpg
来た道を逆向きに戻っていかせることもできます。これは便利ですね。

th_P6111740.jpg
情景部品のはね橋。

th_P6111741.jpg
電車が来たら下がる仕組みです。

関連記事:

【ゼロから始めるプラレール】J-05 はね橋



th_P6111743.jpg
以前プラレールショップのくじ引きでもらったクリアトンネルも通過します。

th_P6111744.jpg

th_P6111745.jpg
1/4直線レールのおかげで、レールの長さのズレや凹凸のズレもすっきり修正できます。

関連記事:

【ゼロから始めるプラレール】R-20 1/4直線レール



th_P6111746.jpg
大きいお友達に本気でつっこまれそうな東京駅を通過する南海ラピート。
考え方によるでしょうが、私は自由に組んで楽しめるおもちゃの世界に現実の世界の制約を持ち込んで、頭を硬くしたくないので、あえて気にせずに取り込みました。


th_P6111748.jpg
線路は続くよどこまでも。。。。



次は立体化に挑戦してみたいです。
橋脚買わないとなぁ。


今回使用したレールや情景部品は以下の通りです。

直線レール:6本
曲線レール:18本
1/4直線レール:5本
単線・複線ポイントレール:2本
ターンアウトレール:2本
複線曲線レール:3本
交差ポイントレール(1/2直線レールを含む):1セット
はね橋:1つ
クリアトンネル:1つ
東京駅(ライト付0系新幹線と東京駅セット)より:1つ

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link