トミカプレミアム01 NISMO R34 GT-R Z-tune

ミニカー/日産
04 /02 2015
th_P4020602.jpg
th_P4020603.jpg
今日発売になったトミカのあたらしいシリーズ「トミカプレミアム」
対象年齢6歳以上になっています。

2013年6月に終了したトミカリミテッドの後継ポジションなのでしょう。
通常トミカとTLVNの中間の位置の価格設定、対象年齢設定です。


珍しく新シリーズの登場なので、いつもは写真アップでごまかしているこのブログもちょっとコメント多めに紹介していきます。

th_P4020604.jpg
th_P4020605.jpg
th_P4020606.jpg
プレミアムは発表通り新規金型で構成されていて、これもNISMO Z-tune仕様の専用金型になっています。

th_P4020607.jpg
ヘッドライトがクリアパーツなのもいいですね。

th_P4020608.jpg
細かい塗り分けやロゴの再現はリミテッド時代の良さを継承しています。

th_P4020609.jpg
シートもしっかり塗り分けられていました。かっこいいですね。

th_P4020610.jpg
1999年に発売された通常品のR34トミカは内装が再現されていません(当時のトミカはみんなそんな感じ)でしたが、今回は完全に新規でつくられているので内装も最近のトミカ同様に作られています。ここはすばらしい。

th_P4020611.jpg
ホイールも通常のトミカのあれではなく、実車をモデルにした専用のものです。
トミカリミテッドでも同様に専用ホイールをはいていましたが、それと決定的に違うのはゴムタイヤではないという点です。見た目はそこまで変わりませんが、走らせた感覚は結構違います。

th_P4020612.jpg
ウイングも抜けています! 通常のトミカでは抜けてなかった(このあとの写真参照)だったので、この差も注目ポイントです。

th_P4020616.jpg
ドア開閉ギミックも。ここはトミカらしさなので、ギミックのある車種は嬉しい。

th_P4020614.jpg
裏側。もちろんここも専用ですが、プレミアムの文字はありませんね。
将来的に他で使うことも想定しての表記なのかな?


th_P4020617.jpg
th_P4020618.jpg
通常品のトミカといっしょに。
R34のトミカは1999年デビューなので、単純に比較するわけにもいきませんが、結構印象が違いますね。
縮尺も通常品が1/61、プレミアムは1/62です。

th_P4020619.jpg
ウイング部分はこの写真が比較しやすいかな。


th_P4020648.jpg
th_P4020649.jpg
見た感じの印象はトミカリミテッドが近いので、リミテッドのR35と並べてぱちり。



新しく始まったシリーズで、ナンバリングもいくつまで増えていくのかとかもまだわかりませんが、なかなか面白いシリーズだと感じました。今回は購入してませんが、探査機のはやぶさ2や90式戦車などいままでのトミカではなかなかできなかったラインナップも面白いと思います。

リミテッドも毎月楽しみにしていたので、プレミアムもうまく続いていってくれるといいなぁ。



メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカプレミアム
スケール:1/62
製造国:ベトナム
購入形態:新品
参考購入価格:800円





トミカ トミカプレミアム01 NISMO R34 GT-R Z-tuneトミカ トミカプレミアム01 NISMO R34 GT-R Z-tune
(2015/04/02)
タカラトミー

商品詳細を見る
Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“未入手品まとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link