R-13 単線・複線ポイントレール【ゼロから始めるプラレール】

プラレール(レール/情景)
06 /10 2015
th_P6061581.jpg
昨日更新分ではターンアウトレールを紹介して、分岐のきっかけとして使いやすいレールを紹介しましたが、これも1本道が2本道に変化するものです。ターンアウトレールと大きく性質が違うのは、分岐した2本の進路はそのまま同じということ。

th_P6061583.jpg
他のレール同様に表と裏どちらも使えます。

th_P6061582.jpg
手動のポイントが付いていて、ここで分岐できる仕組み。

th_P6061584.jpg
これはほんとにシンプルな例になっていますが、単線だった進路を、この単線・複線ポイントレールを入れることで簡単に複線にしてみたものです。2本の間隔は均一なので、直線の場合はそのまま直線レールをもってきて繋ぐことができます。

th_P6061585.jpg
長さは直線レールと同じです。

凸凹の位置の違う2種類がセットで販売されています。

複線のまま曲線にすると、外回りと内回りで差が出てきてしまうので、それの対処はまた次以降の記事で。



Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link