懐かし。エアロアールシーを組み立てよう。日産 ティーダ

ミニカー/日産
06 /27 2015
th_622P6272634.jpg
2004年にタカラトミーがうりだしたエアロアールシーって覚えていますか?
組み立て式の低価格のラジコンカーです。
車種が豊富で1000円程で購入できたので、一時期大ヒットしましたね。

今回は日産の販促品としてつくられた非売品のものですが、リサイクルショップで購入したっきり作っていなかったので、組み立ててみました。完成品の写真を載せるのではなく、全組み立てステップ紹介するので長くなりますがお付き合いください。

接着剤も工具も不要で誰でも気軽に組み立てることができました。
パーツを切り離すプラスチック用のペンチはあると便利かもしれません。


th_622P6272635.jpg

th_622P6272636.jpg
特注品の専用パッケージにはエアロアールシーのロゴがないですが

th_622P6272640.jpg
説明書にしっかりロゴが書いてありました。懐かしい。

th_622P6272638.jpg
わかりやすい説明書が付属するので、これにしたがって組み立てていきます。


th_622P6272641.jpg



1.フロント側のモーターの組み立て。

th_622P6272642.jpg
付属のモーターに、スペーサーをかませながら、ステアリングカバーをとりつけます。

th_622P6272645.jpg
こんな感じ。初っ端から力を使う組み立てでくじけそうです。

th_622P6272646.jpg
さらに小さい「ステアリングシュー」を重ね、

th_622P6272647.jpg
ステアリングカバーAという部品で蓋をしてあげます。



2.フロント側モーターのとりつけ

th_622P6272648.jpg
シャーシを用意します。これは完成した状態で入っています。

th_622P6272649.jpg
付属のこの部品(名称がない)をとりだし、シャーシにのせます。

th_622P6272650.jpg
中央にある針金2本の間にうまくはいるようにセットします。

th_622P6272652.jpg
最後に前輪用モーターを載せます。

th_622P6272653.jpg
灰色の部品と歯車が噛み合うように乗っかればオッケー。

th_622P6272655.jpg

th_622P6272656.jpg
モーターの上にカバーをつけてあげれば、フロントモーター側の作業は完了です。



3.後輪とギアのとりつけ。リアモーターのとりつけ。

th_622P6272657.jpg
後輪用ホイール。前輪用と区別されていて、よくみると穴が六角形です。

th_622P6272659.jpg
このホイールにシャフトをとりつけ、

th_622P6272660.jpg
さらに写真の順番で2つ小さな部品をとりつけます。

th_622P6272661.jpg
LOギアとHIギア2つを並べて貫通するようにシャフトを通して、反対側まで通します。
狭いので不器用な私には難所でした。

th_622P6272662.jpg
反対側も同じ要領で部品2つとホイールをとりつけてあげましょう。


th_622P6272663.jpg
完成後にギア切り替えのスイッチになる部品です。

th_622P6272664.jpg
ギアスイッチをとりつけ、その上にあるピン(大)をとりつけました。

th_622P6272665.jpg
このピンがカウンターギアを貫通するかたちで、カウンターギアをとりつけます。
これで、さっきとりつけたスイッチ操作で、ギアの切り替えができるようになるわけ。

th_622P6272666.jpg
2つ付属するモーターのもう1つに、前輪用と同じようにスペーサーを噛ませながらピニオンギアをとりつけ、後輪用モーターをつくります。こっちが動力にあたります。エアロアールシー現役の頃は交換用モーターも出ていました。

th_622P6272667.jpg
で、載せる。

th_622P6272668.jpg
最後に後輪モーターも蓋をしてあげて完成。



4.前輪の製作。

th_622P6272669.jpg
前輪ホイールは穴が丸型です。

th_622P6272670.jpg
この3つの部品を組み合わせ、

th_622P6272671.jpg
こんな感じに。

th_622P6272673.jpg
さらにこの部品を

th_622P6272674.jpg
上からかぶせるようにとりつけます。

th_622P6272675.jpg
左右対称に同じセットを2つ製作します。




5.前輪をシャーシに取り付ける

th_622P6272676.jpg
4でつくった前輪の部品を、付属の長い棒状の部品でシャーシに固定します。

th_622P6272677.jpg
貫通すればオッケー。

th_622P6272678.jpg
で、見るからにくっつきそうな部分をはめてあげましょう。
これで、舵取り操作がタイヤに伝わるわけですね。

th_622P6272679.jpg
このままだとキャンバー角があれなので、この小さなバネのような役目を果たす部品を、シャーシ側面に滑り込ませ、シャーシとタイヤの間隔を適正に保ちます。

th_622P6272681.jpg
こんな感じ。

th_622P6272683.jpg
エアロアールシーのシャーシは全車種共通ですが、車両に合わせてホイールベースが2種類用意されています。
むかって左側がAの位置、右側がBの位置です。若干の違いですが、今回のティーダはAの位置でとりつけます。


th_622P6272682.jpg
最後にタイヤ。溝があるようが内側にきます。

th_622P6272684.jpg
4つつけてあげて、これでシャーシの製作は完了しました。



5.ボディの製作。

th_622P6272685.jpg
いよいよラストスパート。ボディの製作に移ります。

th_622P6272689.jpg
エアロアールシーは気軽にカスタムすることができるのも売りだったので、交換用バンパーと付け替えられるように脱着ができるようになっています。


th_622P6272686.jpg
ドアミラー。ご親切に左右3つずつ入っていました。

th_622P6272687.jpg
穴に

th_622P6272688.jpg
差し込むだけ。接着剤不要です。


th_622P6272690.jpg
シールの貼り付け。写真をそのまま持ってきたようなシールで、独特のリアル感が出ます。
カーブするところは切り込みが入っているので、立体のボディにも貼りやすくなっています。


th_622P6272691.jpg

th_622P6272692.jpg
これでボディ関係も完成です。



6.仕上げ、完成。

th_622P6272694.jpg
シャーシには赤いアンテナがついていますが、このままでは長すぎるので、1周はシャーシの上に巻きつけます。
回ってきたら、最後にポールさして出来上がり。


…で、シャーシとボディを組み合わせてついに完成です!!
深夜に思いつきで組み立て始めてので喜びもひとしおです。

th_622P6272695.jpg

th_622P6272696.jpg

th_622P6272697.jpg

th_622P6272698.jpg

自分で作ると愛着がわきますね。
シャーシに合わせてなのか、すこしワイドフェンダー気味になっているので謎の迫力が出ています。


th_622P6272701.jpg
コントローラーも完成品で付属。
今回は特注品なので、ティーダと同じ色に塗られていました。

th_622P6272702.jpg
さっきとりつけたスイッチはギア切り替えスイッチで、後部裏側から操作できます。


流行っていたのに、突然フェードアウトしてしまったエアロアールシー。
手軽だし手頃だし面白かったので、ぜひ復活してほしいものです。
Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link