【写真蔵】iPhone6s ローズゴールド

iPhone
09 /28 2015
やっと入手したぞ!新色だ!美しいぞ!ということで、パシャパシャと写真を撮ったのですが、特に使い道があるわけでもなかったので、まとめてここでご紹介。ローズゴールドは上品で落ち着いたカラーで、前面のホワイトとも美しくマッチします。すでに新色の写真は多くのメディアが上手な写真をあげていると思うので今更ですが、よかったらお付き合いください。

th_P9252148.jpg
今回入手したのはiPhone6s 64GB ローズゴールド。5sにゴールドが追加されて以来の新色です。噂があった時点から新色ならこれと決めていたので迷わず購入。実機が手元に来るまでどんな色か心配でしたがとても美しいカラーで気に入っています。

th_P9252149.jpg
右側面。基本のデザインは6から変更ありません。電源ボタンとSIMトレイ。

th_P9252150.jpg
左側面。マナーモード切り替えのスイッチの音量のスイッチが並びます。

th_P9252151.jpg
ホームボタンが手前に来る構図が多いので、上から撮影するとちょっと新鮮に見えたり。ローズゴールドと白い前面がとても綺麗にマッチしています。

th_P9252152.jpg
真下から。5s以降で意匠が若干変更されたホームボタンのリングが目を引きます。高速化された指紋センサーもここ。

th_P9252153.jpg
左からイヤホンジャック、マイク、Lightning、スピーカー

th_P9252154.jpg
当然なのかもしれませんが、Lightning端子周りもしっかりローズゴールドになっているので、統一感が生まれています。花のような形をしたネジ穴が桜のように見えるのは私だけでしょうか(うっとり)

th_P9252156.jpg
接近して部分的に切り取った写真が好きです。
Sponsored Link

th_P9252157.jpg
ということで部分的な写真です。電源ボタンまわり。

th_P9252158.jpg
左側。音量ボタンまわりは陰影が出る部分なので、色を楽しむにはこの辺を眺めると面白いかもしれません。iPhoneのどの部位が好きですかと聞かれれば間違いなくここと答えます。そんな質問されたことないですけどね。

th_P9252159.jpg
FaceTimeカメラ(インカメラ)自撮りを楽しむ人が増え、6sでは自撮りを意識したRetinaフラッシュという新機能が登場しました。

th_P9252160.jpg
背面。こちらも大きなデザインの変更はありません。完全に金属筐体にすると電波感度が悪くなってしまうため、アンテナの役割を果たす部分(いわゆるDライン)も健在です。好み分かれると思いますが、ローズゴールドがホワイト画面との相性がいいカラーだと感じていたので、この白い線もあまり不快感はありませんでした。

th_P9252161.jpg
もちろんAppleマークもローズゴールドです。

th_P9252162.jpg
これまた6時代から賛否の分かれていた点ですが、飛び出たカメラの周囲もローズゴールド。飛び出してたせいでカメラを破損したって話も聞かないので、耐久性的にはこれでも問題ないのかなぁ。

th_P9252164.jpg

th_P9252163.jpg
6s/6s Plusは前モデルとの外観上の識別点としてiPhoneのロゴの下にSの文字が入っています。



th_P9282222.jpg
化粧箱

th_P9282223.jpg
こちらのリンゴマークもローズゴールドです。

th_P9282224.jpg
iPhone6sの文字もローズゴールド。

th_P9282225.jpg
箱正面の絵柄もカラーに合わせたものになっています。金魚の壁紙はどのカラーを購入しても好きな色の金魚を選択できますが、公式写真では各カラーに合わせたものがメインで描かれています。

Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link