動画で見る、3D touchを使った操作。

iPhone
09 /28 2015
th_P9262174.jpg

iPhone6sが発売して3日ですが、iPhoneのまったく新しい操作「3Dtouch」はこれまでずっとiPhoneを使ってきた私にとっても新鮮な操作で、試行錯誤や新しい発見の連続です。6s登場でこれから対応アプリも増えていくだろうという段階なので、まだまだできることや普及までには時間がかかりそうですが、今後対応していくアプリもデフォルトアプリでの動作に合わせてくるはず。ということで、この3日間で使ってみた3D touchを使った操作の様子を映像でご紹介。



一番わかりやすいのはこちらで、対応したアプリのアイコンはプレス(強く触れる)とショートカットが出現します。代表してTwitter公式ではアイコンから投稿画面に直行、カメラでは動画撮影に直行させてみました。どちらもアプリを開いて、モードを切り替えて...という手順を省略できるので、使用頻度の高いアプリで使いたい機能まで複数の操作が必要だった方なんかには快適になるかもしれません。慣れたらはやです。



続いてわかりやすいのが、カメラロールやメールの覗き見です。一覧が並んでいるところでプレスすると触れている間だけプレビューが表示されます。同じ構図の写真がたくさんあってその中から1枚を選ぶ時とか、加工したやつどっちだっけ?なんてときに便利ですね。開いて違うから閉じる...という作業が簡略化できます。プレビュー状態からさらに強く押し込むと展開しますし、上にスライドするとメニュー表示されます。開いてから左右にフリックすればいいだけだというコメントもTwitterで受けましたが、たくさんの写真が保存されていたり、全体の何枚目かを把握したいときにそれでは不便です。



カメラロールやメールでできることが、Safariでも似たような感じで使えます。リンクをプレスでプレビューが表示されます。用がなければ手を離せばいいだけで、もっとそのページをみたいと思えば強く押し込むことで完全に開くことができます。



実用面ではこれが便利そうです。キーボードをプレスすると、キーボード部分がトラックパッドのよう状態になり、カーソルを縦横無尽に動かすことができます。従来の長押しで虫眼鏡を見ながら位置を合わせるのにストレスを感じていた方には朗報かと。さらに強く押し込むと範囲選択もできます。

Sponsored Link


アプリの切り替えも手元の力加減でできます。左の淵をプレスすると画面が少しずれるので、そのまま右にスライドすることで直前のアプリとの切り替えが行えます。さらに強く押し込むことで、ホームボタン2回押したときと同じ状態にすることもできます。これはちょっと触れる位置に慣れが必要な気がします。コツとしては表示面より外の画面の淵を触れるつもりでプレスるすことです。


iPhone6sで追加された新しい写真の形「LivePhoto」は「触ると動く写真」という新しい性質の作品です。動画でもなく、決定的瞬間を抑えるためでもないので、LivePhotoという新しい概念として受け入れるのが一番良いと思います。これは触れることで動かすことができるのですが、動かすには3Dtouchのプレス操作を使います。




3Dtouchでの操作は現時点では既存機能の手順を減らすショートカット的な印象です。いままでなくて困っていなかったところにでてきた新機能なので、「なくてもいい」と冷めたコメントをしてしまえばそれまでだと思います。だからこそポジティブに受け入れて、使いこなせるようになっておきたいというのが私の考えです。

iOS9対応機が20種類あるなか、現時点で対応しているのは6sと6sPlusだけ。すぐに普及する機能ではないので、評価を焦る段階ではないと思っています。そのことは当然Appleもわかっているはず。いつ使えるのかやってみないとわからない点は改善の余地がある気もしますが、ピンチインやピンチアウトなどの操作もいつの間にかみんなが当たり前に使うようになっているので、長い目で見たら3Dtouchの操作も同じなのかなぁと考えています。

また見つけたらきまぐれにここに追記していきたいとおもいます。

Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link