東京モーターショー開催記念トミカプレミアム トヨタ S-FR

ミニカー/トヨタ
10 /31 2015
th_PA301021.jpg
本日から一般公開の始まった東京モーターショー2015。トミカファンをざわつかせた「東京モーターショー開催記念トミカプレミアム」のひとつ。開場3時間前に現地入りして気合い十分に無事ゲットしてきました。

th_PA301022.jpg
今回のトヨタブースでの展示の目玉のひとつ。S-FR。ヴィッツに近い寸法の小型スポーツカーのコンセプトモデルです。「現代版ハチロク」の次は「現代版ヨタハチ」がでるぞと噂が前々からありましたが、その登場を示唆するような雰囲気の一台。

th_PA301023.jpg
トミカでコンセプトカーがでること自体非常に珍しく、さらにお披露目と同時にお披露目会場で販売されるという今までと違うタイプのトミカであることからも非常に注目度の高かった1台です。トミカプレミアムはコンセプトが定まってないと批判されているのも見かけますが、この柔軟さ、寛大さが、コンセプトカーのトミカをつくることになる大きな後押しになったことは間違いないと思います。

th_PA300857.jpg
ちなみに実車はこれ。今日会場で撮影してきたものです。実はすでに開発が中止されてる...なんて報道もありますが、この完成度の高いコンセプトカーを見たら市販化を期待しないわけにもいきません。なんとか市販化にこぎつけてもらいたいものです。

th_PA301018.jpg
パッケージはというと、こんな感じで、他の様々なトミカとも異なる。横長のパッケージです。

th_PA301017.jpg
東京モーターショー開催記念とはっきりかいてあるのが特別感でていいですね。

th_PA301019.jpg
テープで固定されていますが、はがすと、蓋が開閉できるようになり、蓋をあけるとパッケージについた窓から中が覗ける仕掛けにもなっています。これはいいですね。おもしろい。

th_PA301020.jpg

th_PA301024.jpg
ヘッドライトは黒で塗られていますが、実物の雰囲気を再現するにはシルバーより黒の方が自然に見えるので正しいセレクトだと思います。

th_PA301025.jpg
後ろから。丸っこいお尻がかわいらしい。

Sponsored Link

th_PA301026.jpg
S-FRのエンブレムもバッチリ再現。プレミアムなのでもちろんホイールも専用です。

th_PA300996.jpg
比較用に実物の写真もぺたり。

th_PA301027.jpg
さらに素晴らしいことにサスペンションだけでなく、左右ドアの開閉ギミックも。トミカらしさとして大事な要素だとおもっているので、開閉ギミックがあるのはすごく嬉しい。

th_PA301028.jpg
内装も作りこまれています。

th_PB021335.jpg
シートの塗り分け、印刷も。さすがプレミアム。 (※この写真は2015/11/3に追記しました)


th_PA301029.jpg
正面

th_PA301030.jpg
真後ろ

th_PA301031.jpg
ヴィッツRSに乗っている身として、ヴィッツと同サイズ感のスポーツカー。非常に惹かれます。

th_PA301032.jpg
裏側。車名の刻印はありません。実車の発表前から情報もらってトミカを開発していた都合でしょうかね。トップシークレットでしょうし。

th_PA301037.jpg
86は86でとっても魅力的なクルマです。でも選択肢が広がったらもっと楽しいはず。



th_PA301033.jpg
開催記念トミカプレミアムはこのS-FRとギリギリで発表された日産IDSコンセプトの2種類。それぞれ1080円でした。IDSの記事はこの記事に続けて執筆していますので、あわせてチェックしてみてください。

東京モーターショー開催記念トミカプレミアム 日産 IDSコンセプト



会場ではプレミアムは1人1個で制限がかかっており、時間帯によっては1会計で2時間以上かかる混雑もあったので、賢い転売屋が変装してループして買い占めを...はかなり体力的にも理論的にも難しそうでした。制限かかった分、欲しい人に広く行き渡ればいいなぁと思います。

なお、他の記念商品は売れ残った場合に通販や直営店へ流すことがあるよと注意書きがでていますが、プレミアム2種については一切触れていないので、ひょっとすると会場だけで販売する契約で作られているトミカで外に出せないのかも...?とか色々想像してしまいます。遠方の方は大変ですが、確実に欲しい方は是非ビックサイトへ。


【追記 2015/11/2】今日付けで、トミカプレミアム S-FRの完売情報が東京モーターショー公式サイトに掲載されました。1個制限があったとはいえ、土日を含む最初の3日間を乗り切っただけでもかなりの在庫数だったと思われますが、案の定かなりの人気だったようです。最新の在庫状況は下記URLのモーターショー公式サイトからご確認ください。
http://www.tokyo-motorshow.com/event/sponsor_event.html


th_PA300992.jpg
おまけ。空いているタイミングがあったので今がチャンスとばかりに。

Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link