久々にAppleStore表参道へ。未来を感じる3Dtouch体験台や、iPadProなど。

ガジェット
11 /18 2015
※少し表示サイズを落としましたが、それでも写真の比率の都合でいつにもましてPC表示は見づらいです。すいません。


th_FullSizeRender 16

昨日17日、AppleSIMが日本でも発売が開始になったということで、買っても恩恵をうけることなんてないくせに気になってしまい表参道のAppleStoreへ行ってきました。Twitterで銀座は完売との情報をもらっていたことと、筆者の大学の最寄りであることから行き先は表参道にきめました。結果からいうとAppleSIMは表参道でも完売で入手できませんでしたが、表参道へ行ったことで面白いものを見ることができたのでご紹介。



th_IMG_0898.jpg

表参道店内に入ると中央に地下の売り場へ行く螺旋階段がありますが、向かって右側に見慣れない台が設置されていました。周囲はミラー状になっていて、上部は全面ディスプレイ(この写真ではガラス張りに見えますね)になっているかなり異色な存在です。海外のAppleStoreに設置されているものの映像を見ていたので、私はすぐに気付きましたが、知らない人から見るとなんだかわからないようで、思ったほど人だかりができていなかった印象です。

th_IMG_0920.jpg

こんな感じで平置きされたiPhone6sが並んでいて、その下が全面ディスプレイ。iPhoneは完全に固定されていて、写真ではわかりにくいですが、真下に機器が取り付けられていたので、背面で接続できるデモ用にカスタムされたiPhoneなのかもしれません。ホームボタンも動作せず、金魚が泳ぐデモ画面がずっと動いています。

th_FullSizeRender 14

iPhoneをタッチやフリック、プレス(3Dtouch)することで、それぞれにあわせてiPhoneのタップした部分を中心に波紋は広がる仕掛けです。


動作している映像を撮影してみたのでこちらもどうぞ。Twitterにアップしたものをそのまま埋め込んでいます。



複数の指で操作すると、複数の波紋が現れます。


th_FullSizeRender 15

Storeのお兄さんにきいたところだと世界に13台しかない(他メディアで17台としているところもあったので聞き違いかもしれません)専用の台で、まさに昨日、日本で唯一表参道へ設置されたんだそうです。そのタイミングで立ち寄れたのはラッキーでした。


この台で体験できることはiPhoneを買ってからの使い道に直接は全く関係ないですが、3Dtouchを初めて触ってみる人に興味を持って触ってもらうにはとっても面白い演出だと感じました。本来は外から見てタッチの力加減はわかるものではないですが、それを視覚情報のかたちで見事表現しています。

Sponsored Link

th_IMG_0904.jpg

そういえばまだ現物を見ていなかったiPad Proも見てきました。第一印象は「やはりデカい」品切れになっているApplePencilですが、すべてのデモ機の横に設置されていて体験はできるようになっていました。

th_IMG_0905.jpg

手のひらを広げてみるとこんな感じ。ただ、この写真をTwitterやブログ経由で見る方は私の手の大きさがわからないので全く参考にならない比較写真だということは撮ってから気付きました。まぁでも片手持ちしやすいサイズじゃないのは伝わるかと。

th_IMG_0922.jpg

こっちのほうがわかりやすいですね。手持ちのiPhone6sと。

th_IMG_0914.jpg

このブログは1カラムで横いっぱいに写真を表示するスタイルにしているので、パソコン表示は閲覧環境によっては非常に見づらいことになっているかとおもいますが、iPadでみるといい感じ。ちょっとしたブラウジングように欲しいんですよねー。Airを。

th_IMG_0906.jpg

ApplePencil。よくみるとちゃんとロゴはいっています。


まん丸のペンですが、重心が偏っていて、机の上を転がり落ちにくいようになっています。さらにこの偏った重心のおかげでかならずAppleマークが上を向くように設計されています。


既に多くのメディアで似たような言葉で絶賛されていますが、書き心地はペン同様で遅延のストレスもなく、紙に書いているときに出る書きグセがそのままiPad上にもでてくるくらいには正確です。ApplePencilが画面に接近しているかを判断しているようで、Pencilが画面に触れる(触れそう)なときは手が当たっていても誤反応しないので手を画面につけて紙の上でペンを動かすのと同じ感覚で問題ありません。


標準メモアプリで試しましたが、これでも十分実力がわかります。最適化された便利なアプリが増えたら使い道の幅もさらに広がってくれるでしょう。


th_IMG_0915.jpg

純正キーボードSmart Keyboardが体験できるデモ機もたくさんありました。

th_IMG_0916.jpg

1つ1つ独立したキーボードです。しっかりとした押し心地で非常に扱いやすい。キー同士の距離感も普段MacBook Airを使ってる身からすると違和感なく意識せずにブラインドタッチが始められる印象です。


私自身は買っても持て余すだろうと感じるので、むしろProの登場でAir2ほしい感が高まりましたが、Proを目的があって買う人には最高のアイテムになるだろうと感じました。サイズはやはり非常に大きく、「普段のカバンに入るか」とか「デスクに置くスペースあるか」とかは購入前に確認した方はいいかもしれません。通勤中の電車でマンガを読むサイズではないと思うので、使い道にあっているかはチェック必須です。


th_IMG_0917.jpg

新しくなったAppleTVも。

th_IMG_0918.jpg

リモコンにタッチパッドが登場し、より直感的な操作が実現しました。クセになりますね。


iPad全操作使いこなしガイド2015 (超トリセツ)


Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link