Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

03

無事当選!! トミカ ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター (トミカ6億台突破記念 ありがとうキャンペーン)

今年6月20日から9月30日の期間で受付があった「トミカ6億台突破記念! 〜ありがとうキャンペーン」みなさま覚えていらっしゃいますでしょうか。トミカ(No.1〜No.140)にパッケージについているトミカマークを5枚集めてハガキに貼って応募すると、抽選で10000名に非売品で新金型の「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」のトミカが当たるというもの。

12月ごろの発送と予告されていましたが、12月になってさっそく当選者に賞品の発送が始まったようです。私も幸運なことに当選し、昨日到着しました。せっかくなのでさっそくご紹介。

th_PC022489.jpg
ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター。
実物は世界に9台しかないクルマだそうです。ベースのヴェネーノが3台限定モデルなので、そう聞くと9台が多く感じますが、よく考えるととんでもない希少モデル。

th_PC022490.jpg
330万ユーロで、日本円にすると4億円を超えるんだとか。桁が大きすぎて実感がわかないので、私には400万円の方が高くきこえてしまいます。笑

th_PC022491.jpg
今年2月の新車としてヴェネーノがトミカのラインナップの仲間入りをしましたが、今回の景品は「ロードスター」の名前の通りオープンモデルとなっている完全新金型のトミカです。ただでさえ注目を集めるトミカが懸賞になって、しかもそれが新金型ともなればスルーするわけにいきませんよね。

th_PC022492.jpg
美しい赤色。派手すぎず落ち着いた、高級感のある赤です。おそらくはヴェネーノ ロードスターの専用色「ロッソ・ヴェネーノ」をモチーフにしたのでしょう。

th_PC022494.jpg

th_PC022496.jpg
今回は、このブログでは省略しがちな正面と真後ろの写真も。

th_PC022497.jpg
素敵ですね。

th_PC022501.jpg
小さな箇所ですが、三角窓がちゃんとクリアパーツ使っていることに感心。トミカ的にはここベタ塗りでもおかしくないポイントですが、凝ってますねぇ。

th_PC022498.jpg
オープンモデルなので、内装もよく見えるんですが、写真にしようとすると難しい。オープンになっている範囲が広くないんですよね。でもなんとかインパネの雰囲気だけでも伝われば。

th_PC022503.jpg
特徴的な形状のシートもばっちり。

th_PC022504.jpg
今回のヴェネーノ ロードスターは「赤」ですが、「赤ではない部分」にもこだわりを感じます。ガンメタでの塗り分けです。この絶妙な塗り分けが、見た目の印象に非常に大きなよい影響をもたらしているようにおもえます。

th_PC022505.jpg
トミカなので「トミカらしさは」しっかり維持されていますが、塗り分けが増えディティールアップされると、ちょっとワンランクいいもののようで特別感が高まります。当選した喜びを高めてくれますね。

th_PC022506.jpg
他のヴェネーノのトミカ同様に、ホイール部分に赤いアクセントのはいったワイドタイヤをはいています。

th_PC032512.jpg
ランボルギーニのエンブレム。今更ですが、この曲がった部分に綺麗にエンブレムを印刷できるってすごいですね。技術の進歩に感謝。

th_PC022507.jpg
少し低めの視点から。

th_PC032510.jpg

th_PC032509.jpg
少し高めの視点から。

th_PC032521.jpg
裏側。シャーシも専用のもので、車名「ロードスター」もしっかりかかれています。


th_PC022485.jpg
パッケージ。

th_PC022486.jpg
実は今年の東京おもちゃショーに展示されていたので前々から現物を見ていたのですが、撮影禁止だったので見たのはそれっきり。久々に見たらやっぱりかっこいいです。

th_PC022487.jpg
裏側。非売品の文字がコレクター心をくすぐりますね。

th_PC022488.jpg
左右の側面はどちらも同じデザイン。ヴェネーノのお尻が見切れる形で載っています。

Sponsored Link



th_PC022482.jpg
賞品はこんな感じでぴったりはまるように作られた箱に入って届きました。箱開けるとこうでてくるの特別感があって素敵です。(※撮影のため緩衝材等は取り除いてあります。配達時の梱包状態を示すものではありません)

th_PC022483.jpg
おめでとうのお手紙。

th_IMG_5340.jpg
ちなみに今回私が応募したのは13口と追加で投函した2口をあわせて計15口。「厳正なる抽選の結果」手に入るものなので、たくさん出さないと当たらないわけでもないですし、たくさん出したからといって当たるわけでもないですが、少しでも確率をあげるために気持ち多めに。ひとりで複数口だすことはトミカマークさえちゃんと用意すればルール上も全く問題ないですが、1名義で複数当選は今回も過去の類似キャンペーンからみてもないようです。


th_PC032535.jpg
新規金型だと強調するならちゃんと通常版と比較しろよ!と言われてしまいそうなので、通常のトミカのヴェネーノとの比較。色の雰囲気が近いので、メカアクション自動車工場の初回特典のオレンジ ヴェネーノさんに協力してもらいました。

th_PC032537.jpg
いうまでもなくルーフがないのが最大の違いですが、実車の違いにあわせて、細部が作り分けられているようです。

th_PC032538.jpg
わかりやすいのはこの部分。こちらがヴェネーノ ロードスター。

th_PC032541.jpg
こっちがヴェネーノ。明らかに形状が異なっていますね。ロードスターの方がトゲトゲしてシャープな印象。

th_PC032542.jpg
屋根があるのと

th_PC032543.jpg
屋根がないの

th_PC032544.jpg
あなたはどっち!?


th_PC032527.jpg
ヴェネーノのトミカは今回のものをいれて5種類目。

th_PC032531.jpg
世界に3台しかないクルマのバリエーションが3つめ出た時点でもうなんでもありですから、ほかにもバリエーション増えていくと面白いなぁと思います。今回みたいな入手難易度高いやつは何度もあってほしくないですが。


最後に記事を書いていく流れで使うところがなかった見切れ写真を。
th_PC032511.jpg

th_PC032513.jpg



th_PC032514.jpg
過去の類似するキャンペーンの経験からすると、当選者全てに届くまでに数日のラグがあるようなので今日届かなかった方もまだ数日は希望を捨てなくていいんじゃないかなぁと。未到着の方の健闘をお祈りします。


参考情報元:

ランボルギーニ、超弩級オープン・スーパーカー「ヴェネーノ・ロードスター」を発表! - Autoblog 日本版





メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/67
製造国:ベトナム
購入形態:新品
参考購入価格:非売品



トミカ No.118 ランボルギーニ ヴェネーノ(箱)



Sponsored Link



 

2 Comments

さなあき  

はじめまして。 本日、同じく当選しトミカが届きました~。息子がトミカ大好きなので応募してみました。当たったのが嬉しかったので何気なく検索していたら、こちらのブログに行き着きました。 

2015/12/10 (Thu) 13:07 | EDIT | REPLY |   

tadatchi  

Re: タイトルなし

さなあき 様。

まずはご当選おめでとうございます。お子様もさぞお喜びでしょう。貴重なものなので傷をつけてしまうと…なんて思ってしまう方も少なくないようですが、トミカは遊んでなんぼですから是非いっぱい可愛がってあげてください。

2015/12/11 (Fri) 15:43 | EDIT | tadatchiさん">REPLY |   

Leave a comment