オロチと3つのサポートメカと合体! HBP SP ドラグニルアーマーセット

ミニカー/光岡
12 /28 2015

th_PC273151.jpg
先にアップしたビルドアップトミカの86と一緒に買ってきたドラグニルアーマーセット。トミカ1台と、サポートメカ1つという構成の他のセットと違い、このセットだけはメカが3種類同梱されており、全部組み合わせることで「アーマー」になってしまうというかなり勢いのある商品。

th_PC273152.jpg
ナンバリングなくSPという位置付けなので、ずっと生産されるものではないのかも。

th_PC273153.jpg
あとで完成写真もでてきますが、このセットではこの「ドラグニルアーマー」を作ることができます。

th_PC273154.jpg
中身はこんな感じ。


光岡オロチ ドラグニルアーマーver.

th_PC273179.jpg
このセットも車種がオロチでなかったら手を出さなかったかもしれませんが、オロチとなれば買わないわけにいきません。大ファンですから。

th_PC273180.jpg
赤と白、アクセントにゴールドが使われたかなり目立ったカラーリングです。86の場合はパーツが取り付けられるように特別ボディでしたが、オロチはむしろホルダーパーツ(後述)が使えるこのセットの付属品ということもあってかボディ自体は無加工となっています。

th_PC273182.jpg
オロチはまぁなんでも似合うからいいんじゃないですかね。窓がグリーンなのも特徴的ですね。

th_PC273185.jpg
実はハイパーシリーズにオロチがでるのはこれが初めてではなく、Dr.ワルーダの愛車としても登場したことがあります。

th_PC273188.jpg
エンジンフード開閉。

th_PC273189.jpg
ライトやグリルはつや消しゴールドで塗られていて、他のオロチトミカとは全くかぶらない存在感を持っています。

th_PC273186.jpg
裏側。

Sponsored Link

つづいて、付属するメカのご紹介を。

ブルーホーク ドラグニルアーマーver.

th_PC273190.jpg
赤いブルーホーク。もうこの時点で混乱しそうですが「ブルーホーク」で1つの名称なのであえて言うなら「レッドブルーホーク」です。

th_PC273191.jpg
先に紹介している86のセットに含まれていたサポートメカの色違いです。

th_PC273192.jpg
赤、白、ゴールド。このカラーリングもかっこいいですね。



ディノラプター ドラグニルアーマーver.

th_PC273197.jpg
単品だとHBP12のVFRに同梱されているサポートメカの専用カラーにあたります。

th_PC273196.jpg
名前からもわかるように恐竜がモチーフ。


ブルーベア ドラグニルアーマーver.

th_PC273198.jpg
HBP10のFJクルーザーに同梱されているメカの色違い。

th_PC273199.jpg
うしろから。

th_PC273200.jpg
キャタピラとおおきなドリルがついています。



ホルダーパーツ

th_PC273201.jpg
これ自体はサポートメカではないですが、同梱されており、ドラグニルアーマーを構成するために必要なパーツになります。

th_PC273202.jpg
トミカを挟み込むようにして固定します。

th_PC273203.jpg
トミカを挟んでホールドするシンプルな仕掛けなので、専用ボディのトミカでなくても持っているトミカを使ってビルドアップが楽しめます。ただし連結しているトラックや背の高いものなど使えないものもあるのでパッケージを参考にしてください。


合体

th_PC273177.jpg
このセットは紙の説明書がついていますが、モノクロで、図が小さいせいで非常にわかりにくい...。パッケージの写真を参考にしたほうが組み立てやすいかもしれません。

th_PC273213.jpg
で、3つ全てのメカを組み合わせ直してできる「ドラグニルアーマー」をまとったオロチがこちら。

th_PC273216.jpg
衝撃的な存在感です。

th_PC273217.jpg
いい意味で全くトミカらしくない。86のビルドアップトミカの時も言及しましたが、あくまでこれはトミカの派生ブランドの玩具であることを忘れてしまうと受け入れるのが難しくなってしまいそうです。ハイパーシリーズの1アイテムと考えると意外としっくりくるかも。

th_PC273221.jpg
手で持って見てもこの迫力。少年の心は興奮間違いなしでしょう!

th_PC273222.jpg
近くにあったS-FRのトミカを横に。なにがなんだかわからないツーショットになってしまいましたが、アーマーをまとったときのサイズ感の参考にでも。

th_PC273223.jpg
全部バラすとこんな感じ。これからさっきのものを組み立てるのはなかなか難しそうですが、自由に組み立てて良い、パッケージ通りでなければいけないわけではない商品だからこそのこの複雑さなのかなぁとも思います。

th_PC273229.jpg
いつまでもなく他のビルドアップトミカのパーツとも互換性があるので、あまったジョイント部分に他のパーツをつけて自分好みにカスタマイズすることが可能です。86ホークのパーツを適当に付け足してみました。

th_PC273230.jpg
凹凸はビルドアップトミカの車両本体にあるものとも共通なので、やろうとおもえばアーマーにトミカをくっつけちゃうことだってできます。創造力が試されますね。笑

th_PC273231.jpg
ホルダーパーツのおかげで、専用トミカでなくてもいいと上で言及していますが、試しにS-FRのトミカプレミアムを突っ込んでみたところがこんな感じ。意外とわるくないかも....?


正直なめてかかってましたが、実際買って手に取ってみると面白いシリーズでした。想像力と創造力が鍛えられそうです。



今回の記事は、ほぼ同時更新のビルドアップトミカ86の紹介記事と合わせてお読みいただくことを想定して執筆しています。よかったら合わせてこちらもぜひ。

サポートメカと合体で86がパワーアップ! HBP08 トヨタ 86 ホーク





メーカー:タカラトミー
ブランド:ビルドアップトミカ
スケール:
製造国:ベトナム
購入形態:新品
参考購入価格:2400円




トミカ ハイパーブルーポリス HBP ドラグニルアーマーセット

Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link