青が出たので集合写真。トミカ レクサス IS F CCS-R

ミニカー/レクサス
01 /03 2016

th_P1023516.jpg
元日にトイザらス限定トミカとしてブルーのレクサス IS F CCS-Rが発売していますが、その紹介記事は出先で撮影してアップしたものだったのでやりたくてもできなかった他のカラーとの集合写真。帰宅したので早速並べてみました。

th_P1023519.jpg
個人的にはカラバリなど出ないと思っていた車種なので、2種類も色違いが登場しているのがとても意外です。中央のオレンジが通常品、左のホワイトがイベントモデル、右のブルーが今回のトイザらス限定です。

th_P1023521.jpg
うしろから。ホワイトはわかりにくいですが、3台ともリアバンパーにはレクサスのロゴマークがはいっています。

th_P1023524.jpg
今回のトイザらス限定を手にとって、かなり新鮮な印象をうけた理由が、帰宅して他と比べてわかりました。他は中央がガンメタリックなんですね。トイザらス限定のつや消しブラックはかなりかっこいい。

Sponsored Link

横から比較。
th_P1023525.jpg
No.107通常品。

実在する車両のデザインを忠実に再現しています。実車の写真は以下から。

LEXUS | 出展車両/開発者インタビュー | TOKYO AUTO SALON 2012 | GAZOO Racing | GAZOO.com



th_P1023526.jpg
トイザらス限定。通常品の色違いで、柄も通常品と同じ。このカラーリングはトミカオリジナルのものですね。

th_P1023527.jpg
イベントモデル。こちらはシンプルです。イベントモデルでお約束の「Tomica Event Model」の文字が入ります。

th_P1023530.jpg

th_P1023529.jpg
トミカでは初めて通常ラインナップに登場したレクサス車でした。最近はIS FsportやRC Fも登場していますが、LSやGSはでてきませんねぇ。個人的にはずっと待ってるんですが。

こうしたスポーツモデルが多く出てくるのは、 Fシリーズを筆頭にしたレクサスのスポーティーでハイパフォーマンスなブランドイメージもしっかり確立されている証拠とも言えるのかも。これ自体は決して悪いことではないのでファンとして喜んでいいと思います。

ブルーのIS F CCS-Rを紹介した記事でも同じこと言いましたが、新年最初に手にするトミカとしては最高にふさわしいかっこいい1台を入手できて大満足です。


トミカ No.107 レクサス IS F CCS-R (箱)



Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link