ローズゴールドを活かして護る。iPhone6s用バンパー TUNEWEAR 『FRAME x FRAME SHOCKMOUNT for iPhone 6s/6』

iPhone
01 /27 2016

ここ最近はiPhoneを毎年買い換えている私ですが、毎回購入時はクリアケース、新モデル感がおちついてきたらバンパー、モデル末期には柄付きケースに挑戦! みたいな感じで毎回ケースを変えていっています。

今回の6sも9月25日の発売日購入してからクリアケースを使っていて、レイアウトのクリアケース、次にパワーサポートのクリアケースを使っていました。順当に次は6でも使っていたパワーサポートのバンパーを...と思っていたのですが、ローズゴールドが待てど暮らせど追加されない。もともとすぐに新商品を出さないブランドなので気長に待っていましたが、予告すらなくいつまで待てばいいのか、待ったら出るのかもわからないので思い切って他のブランドのものを選択してみることにしました。

th_P1274617.jpg
今回購入したのがこちら。「FRAME x FRAME SHOCKMOUNT for iPhone 6s/6」
ローズゴールドにちゃんとあわせたカラーリングで、造形的にもシンプルで、パワーサポート製品をそのシンプルさに魅力を感じて選んでいた私には最適な代替アイテムかなぁと。

th_P1274618.jpg
メーカーはEggShellなどでおなじみの TUNEWEAR。ものはいいのに自社ロゴの主張が強すぎるのが難点なイメージで敬遠していました。初めての購入です。

th_P1274620.jpg
パッケージ裏面。

th_P1274619.jpg
今回は私のiPhone6sにあわせたローズゴールドをセレクト。他にもスペースグレイ向け、ゴールド向け、シルバー向けなど本体のカラーにあわせて4色展開になっているので、お持ちのiPhoneにあわせて色を選ぶことができます。わざわざこの色を選んでいるので、色を合わせた商品がでているのはとても嬉しいですよね。


開封

th_P1274622.jpg
今回はバンパータイプということで、覆うのは側面のみ。外側はアルミ、内側にTPUが使われた二重構造になっているため、かっこよさとT衝撃吸収の両方を兼ね備えています。

th_P1274623.jpg
二重構造といえば5sのときに使っていたSpigenのバンパーが思い出されますが、Spigenのものは完全に分かれていたのに対して今回のものは一体型なので、ポケットの中でTPU側だけずれてしまうなどそういった心配はなさそうです。

th_P1274621.jpg
箱の中にはバンパー本体と、脱着方法が書かれたカードが入っています。そんなに難しい取り付け方法ではないですが、バンパーへの無理な負荷をかけないために一応目を通しておくといいと思います。



iPhone6sに装着

th_P1274624.jpg
ローズゴールドのiPhone6sに早速取り付けてみました。ネジなども使わないシンプルな造形で、ぱっと見でいかにもつけてますといった感じがないのがなかなか魅力的です。

th_P1274625.jpg
向きを変えて

th_P1274669.jpg


th_P1274626.jpg

th_P1274630.jpg
電源ボタンや音量ボタンもカバーされます。バンパーについているボタンは、本体のデザインに合わせた造形で非常に見栄えが良いです。ボタンを覆うタイプのiPhoneカバーは、押し心地が不自然になったりボタンの感度が悪くなってしまうものもしばしばありますが、今回のものは全く違和感がなく安心しました。

th_P1274631_20160127151045eb2.jpg
マナーモードのスイッチは多くのiPhone用ケース同様に、スイッチ部分に穴が空いていて指先(爪先)で操作するような感じになります。バンパーの厚さの分だけ裸状態よりは扱いにくいですが、これまでもiPhoneにケースを付けていた人にとっては全く問題ないでしょう。

th_P1274632.jpg
下部。左からイヤホン、Lightning、スピーカー。ぴったり覆われています。下部左側だけ金属が付いていないのがデザンン上の特徴です。好みが分かれる気もしますが、脱着の際の伸縮の余裕を持たせるための設計だと思われます。

th_P1274667.jpg

th_P1274665.jpg
イヤホンやLightningの差し込みへ干渉はありませんでした。すべての機器への互換を保証するものではないので特殊な形状のアクセサリを使っている方はご注意を。

th_P1274633.jpg
上側から。FRAME x FRAMEのロゴが主張してきます。さすがTUNEWEAR製品。


th_P1274645.jpg
バンパーがつくぶん1回り大きくなりますが、丸みを帯びているので大きさをそこまで感じることはありません。

th_P1274636.jpg
保護ガラスをはっているので尚更わかりにくくなっていますが、TPUがアルミフレームより若干高い位置にくるようになっているので机上に置いても本体が直接触れません。


th_P1274644.jpg
背面から。

th_P1274640.jpg
バンパーと本体のローズゴールドが違和感なく調和しているので、まるでつけていないかのような自然さ。


Sponsored Link

th_P1274641.jpg
この側面に白い線。なんでこんなデザインなんだろうと思ったら

th_P1274649.jpg
取り付けてみたらすぐわかりました。本体のDラインに繋がるようにデザインされているのですね。


th_P1274650.jpg
6/6sはカメラが本体に対して飛び出ていますが、このバンパーはカメラ部分がそれにあわせてTPU部分が1段高くなるように作られています。机上に置くと裸でiPhone6/6sを置いたとき同様の若干のグラつきがでます。それが気になってケース買う人には向いてません。



ロゴは消せるのか

th_P1274634.jpg
th_P1274635.jpg
上部と右側面下側に印刷された白いロゴ。

th_P1274651.jpg
使っている本人には見えない位置なので、きにしなければそれでいいんですが、一応気になる人の人柱になるべく除光液でゴシゴシ......。結果消えませんでした! トミカのタンポ印刷とか、ボールペンの企業ロゴとかはこれで消せるので行けるかなぁと思ったんですがね。笑 ロゴは気にしない方向でいきます。どうせ見慣れるので。




th_P1274648_2.jpg

th_P1274643.jpg
いままでブランドロゴだけを理由に手を出さないでいましたが、ずっと買わないでいたことが悔やまれるほど、モノ自体のできはとてもよかったです。バンパー派で、iPhoneのデザインを損なわないシンプルなものを探している方には是非おすすめできるアイテムだと思います。


Amazonへのリンク


6sPlus用もあるようです

Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

No title

保護ガラスは何処の商品のを使ってますか?
私もこのバンパーを使ってますが全画面保護ガラスと干渉して浮いてしまいます ^ ^;

Re: No title

LEPLUSというブランドの全面保護モデルを使っています。
ガラスフィルムについての記事は参考までにこちらから http://retroletra.com/blog-entry-1656.html

No title

早速買ってつけてみました。
バンパーと干渉せずジャストフィットでした!
ありがとうございました。
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link