掌の上の世界チャンピオン。トミカ No.26 東海大学 ソーラーカー 東海チャレンジャー

ミニカー/その他
02 /19 2016

th_P2190081.jpg
トミカ定番ラインナップ120種の中でもかなり異彩な存在感を持つ変わり種。「東海大学 ソーラーカー 東海チャレンジャー」のご紹介です。

実はこのトミカは今月20日発売のマツダ ロードスターにバトンタッチする形で、約3年間の役割を終え廃盤となります。私は発売日に購入し、当時ここにもアップしていますが、3年前と今ではブログの書き方も心意気も随分と異なっているので、引退直前、駆け込みのタイミングではありますが改めてご紹介することにいたしました。

th_P2190082.jpg
「東海チャレンジャー」は東海大学のソーラーカーチームが開発を行っているソーラーカーの総称。トミカの商品名には「東海チャレンジャー」としか書かれていませんが、3輪ボディと、このカラーリングから2011年仕様がモデルであることが特定できます。実物の寸法は全長4980 mm、全幅1590 mm、全高880 mm。アルファードの全長が4935mmですから、想像以上に迫力のあるサイズであることがわかりますね。

th_P2190083.jpg
この車両で東海大学ソーラーカーチームは2011年にオーストラリアで開催された「ワールド・ソーラー・チャレンジ」に参戦しました。2998kmの道のりを5日間、32時間45分走破し、見事優勝。2009年大会に続いて二連覇を成し遂げました。このときの平均速度は時速91.54kmだったそうです。

CbgYA9kUsAA32CE.jpg
実は私がこのトミカに強い関心を持つようになったきっかけの1つとして、Twitterのフォロワーさんに、このソーラーカーのドライバーを務めた方がいらっしゃったことがあります。遠い場所でレースをしているようで、実はとっても身近なんだと不思議な感覚をいだいたものです。今回ご好意で実物の写真をご提供いただきました。(スペシャルサンクス:sakaGさん)

th_P2190095.jpg
トミカとしてデフォルメされているとはいえ、空気抵抗を抑えるために考え抜かれた低くて薄い、流れるようなフォルムが見事に再現されています。上の実物の写真を見比べればその出来栄えは一目瞭然ですね。

th_P2190084.jpg
ボディは軽量さと頑丈さを両立できるフルカーボン。車体重量は140kgだというから驚きです。

th_P2190085.jpg
フロントには東海大学のシンボルマークと、要でもあるソーラーパネルを供給するPanasonicのロゴが。

Sponsored Link

th_P2190086.jpg
正面から。この角度だと足下が見えないので浮いているようにも。宇宙船のような、この未来的なスタイリングも、高い技術の先進性を象徴しているようで見る者をワクワクさせてくれますね。夢があります。

th_P2190087.jpg
中央やや後ろよりに膨らんだドーム状の部分があり、ここがコックピット。上の実物の写真見ていただければよくわかるかと思いますが、ドライバーがここから顔を出すような形になります。

th_P2190089.jpg
この東海チャレンジャーに搭載されている、Panasonicの「HIT太陽電池」のロゴマーク。ソーラーカーの実用化を想定して、家庭向けのソーラーパネルを仕様しているんだそう。

th_P2190088.jpg
無数のマス目で構成された車体の表面の大半を占めるソーラーパネルはすべて印刷で再現。ズレなく綺麗に印刷されているので、見た目の質感は非常に高いです。

th_P2190090.jpg
th_P2190091.jpg
各種スポンサーロゴも1つ1つ丁寧に再現。この部分は付属のシールを貼る形になっています。

th_P2190094.jpg
裏側。実物同様に3輪です。タイヤももちろん回転します。



th_P2190092.jpg
th_P2190093.jpg
他のトミカとまったく似つかない車種なので、近くにあった86のトミカと並べてトミカとしてのサイズ感の比較を。86は1/60、東海チャレンジャーのスケールは1/67です。



th_P2190079.jpg
最後にパッケージ。発売日(2013年4月)に買ったものなので新車シールが貼ってあるものです。余談ですがこの時はまだトミカ360円だったんですよね。時間が経ったなぁ。

th_P2190080.jpg
制作協力としてしっかり裏にも東海大学の名前が入っていました。



20日でNo.26は次の車種にバトンタッチ。廃盤になったら売り場から回収されるとかそういう話ではないですが、のんびりしていると入手が難しくなってしまうことも確かです。駆け込みでアップしたこの記事を見て、まだ購入していない方が手を伸ばしてもらえたら嬉しいなぁと思います。掌のうえに世界チャンピオンをのせてみませんか?



Amazonでチェックする




記事本文中のスペックや戦績等は下記のWebサイトの記述を参考にしました。

東海チャレンジャー - Wikipedia
ワールド・ソーラー・チャレンジ - Wikipedia
2011年型 Tokai Challnger | ライトパワープロジェクト
東海大学、パナソニックの太陽電池で世界最大級のソーラーカーレースに挑む - 家電Watch





Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link