新金型R34 GT-Rトミカ、これまでの5種類を振り返り。

ミニカー/日産
02 /26 2016

th_P2230258.jpg
トミカプレミアムNo.11「日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nür」が今月発売になり、リニューアル金型のR34 GT-Rのトミカはこれで5種類目になりました。2015年4月スタートのトミカプレミアムのNo.01として初めて新金型のR34が登場してから10ヶ月で5種類。ざっくり2ヶ月に1度のペースでR34が登場していたことになります。

メーカーとしても金型のコストをしっかり回収したいし、ファンもたくさんバリエーションが増えるのは嬉しいし(売り方云々はともかくとして)とても良いことだと思います。ということで、数が増えて把握しきれなくなる前に一旦情報を整理するため、ここまで登場したモデルを振り返ってみることにしました。

※今回の記事はカメラの設定や撮影場所を変えてみる試験撮影を兼ねています。いつもより写りが悪かったり、雰囲気が違う写真が含まれますが、温かい目でみてやってください。


新金型のR34 GT-Rは5種類と先に言いましたが、それは大きく2車種にわけることができます。
th_P2230284.jpg
トミカプレミアムNo.01に代表される「NISMO R34 GT-R Z-tune」と

th_P2230286.jpg
トミカプレミアムNo.11に代表される「日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nür」です。



この2つのモデルは完全に作り分けられているので、2台並べて違いを再確認しましょう。
th_P2230287.jpg
左が「GT-R V-SPECII Nür」、右が「NISMO R34 GT-R Z-tune」です。ボンネットの造形やリップ、ナンバープレートの有無など見てはっきりわかる作り分けがたくさん。フロントで見分けるのが一番わかりやすい。

th_P2230288.jpg
リアから。こちらは間違い探し感がありますが、マフラーの本数で別物だとわかりますね。よくみるとNISMO Z-tuneにはエアロパーツがついているのもわかります。

th_P2230291.jpg
ホイールの違いもチェックポイント。サイドも良く見るとNISMO Z-tuneだけエアロついてますね。

th_P2230292.jpg
裏から。ボディも違えばシャーシも違う。完全に作り分けられています。使い回しじゃないところにこだわりを感じますね。

Sponsored Link

以下5種類を1台ずつご紹介。発売順でご紹介します。


トミカプレミアム No.01 NISMO R34 GT-R Z-tune

th_P2230282.jpg
2015年4月発売。トミカプレミアム第一弾でした。品薄でお店によってはまだ安定して並んでいないようですが、生産の続いているモデルです。定価は800円。

th_P2230260.jpg

th_P2230267.jpg

th_P2230262.jpg
ドア開閉ギミックつきです。



タカラトミーモールオリジナル トミカプレミアム 日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nür

th_P2230281.jpg
2015年10月発売。タカラトミー公式のインターネット通販「タカラトミーモール」のオリジナル商品としてリリースされました。インターネット店と実店舗のトミカショップで販売されましたが、これは一発もので執筆時点では既に完売となっています。価格は800円。

th_P2230265.jpg

th_P2230266.jpg
前述の通り、トミカプレミアム01のNISMO Z-tuneとは完全別ボディとなっています。

th_P2230270.jpg
こちらもドア開閉ギミックつき。



栄光のGT-Rセット トミカ NISMO R34 GT-R Z-tune

th_P2230272.jpg
2015年12月発売。ギフトセット「栄光のGT-Rセット」に入っていたものです。トミカプレミアム01と同じ「NISMO R34 GT-R Z-tune」の金型を使用しています。セットはこのR34を含めた4台入りで2000円。

th_P2230274.jpg
これは「トミカプレミアム」ではなくて通常の「トミカ」としてリリースされたものなので、塗り分けなどのクオリティの水準は通常のトミカです。他のモデルに比べて塗りが簡略化されていますが、モノがいいので十分かっこいい。

th_P2230276.jpg
通常トミカのワイドタイヤを履いているのも特徴です。



東京オートサロン2016開催記念トミカプレミアム NISMO R34 GT-R Z-tune Proto.

th_P2230277.jpg
2016年1月発売。東京オートサロン2016開催記念モデルとして登場。会場のみで販売され、のちに残ったものが実店舗のトミカショップに並びました。おなじみのNISMOの柄のストライプがはいったデザインで、形状はトミカプレミアム01と同じものになります。価格は800円。

th_P2230278_20160223023534b86.jpg

th_P2230294.jpg


トミカプレミアム No.11 日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nür

th_P2230279.jpg
2016年2月発売。先にタカラトミーモール限定として登場していた「V-SPECII Nür」も遅れてレギュラー化。鮮やかなブルーが私の心をつかみました。価格は800円。

th_P2230280.jpg



th_P2230295.jpg
以上5台でした。シャープでできの良いモデルなので、今後もバリエーション展開に期待です。レアものとかでると追うの大変なのでほどほどに......笑 トミカプレミアム01、11と栄光のGT-Rセットに関しては執筆現在、品薄とはいえまだ販売されているものなので気になった方はぜひそちらをチェックしてみてください。




それぞれの購入当初のレビュー記事は以下から。
トミカプレミアム01 NISMO R34 GT-R Z-tune
タカラトミーモール限定 トミカプレミアム 日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nür
今年最後のギフトセット。 トミカ「栄光のGT-Rセット」
東京オートサロン2016開催記念トミカプレミアム NISMO R34 GT-R Z-tune Proto.
トミカプレミアム No.11 日産 スカイライン GT-R V-SPECII Nür



Amazonでチェックする


Sponsored Link


 

コメント

非公開コメント

No title

Nice shoot and detail review , thank you so much !
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link