トミカ No.99 トヨタ シエンタ

ミニカー/トヨタ
07 /16 2016
th_P7150615.jpg
トミカ今月の新車です。まずはトヨタ シエンタから。

th_P7150625.jpg
今回トミカになったシエンタは2015年7月に登場した2代目。超長寿モデルとなった初代から、約12年の時を経て大刷新され大きな話題になりましたね。

th_P7150619.jpg
ボディカラーはシエンタのイメージカラーでもある「エアーイエロー」がモデル。様々なカラーが入り混じった、トミカ120種の定番ラインナップの中でもかなり目立ちます。このくらい派手な方がトミカとしてもちょうどいいんじゃないかなぁ。

th_P7150620.jpg
トレッキングシューズをモチーフにしたというボディデザイン。かなり攻めたデザインで初めて見たときはどうなることやらと思いましたが、見慣れたらこれはこれでクセになりますね。

Sponsored Link

th_P7150621.jpg
正面から。現行シエンタにはガソリン車と、ハイブリッド車の両方が用意されています。微妙なところですが、トヨタエンブレムが青がかっているのでハイブリッド車でしょうか。

th_P7150622.jpg
リアコンビネーションランプは黒塗りで再現。実車ではここがスモーククリアなので、見た目の雰囲気を十分に再現できていると思います。特に塗装を省かれている部分があるわけでもなく、実車に忠実につくられていますが、なんとなくフロントに比べるとリアが殺風景に見えます。白いナンバープレートでもつけたらかなり雰囲気変わりそう。

th_P7150627.jpg
th_P7150628.jpg
シエンタのデザインの最大の特徴とも言える、黒いガーニッシュも塗装でしっかり再現されています。

th_P7150626.jpg
> <の形に光るテールランプは「LEDランプパッケージ」というオプションを装着したシエンタだけに見られるポイントです。

th_P7150623.jpg

th_P7150624.jpg
後部ドア開閉ギミック。

th_P7150630.jpg
裏から。


先月トヨタ会館で撮影してきた実車の写真も。
th_P6250171.jpg
th_P6250172.jpg
今回のトミカとほぼ同じ仕様です。こう改めて見比べてみると今月のトミカの出来がいいのがよくわかります。

th_P6250173.jpg
毎回ちゃんと実車の写真も用意する余裕があればいいんですけどね。今後のこのブログの課題です。

th_P7150648.jpg
シエンタの競合車の代表はホンダのフリードでしょう。ということでトミカのフリード(廃番品)とツーショットを。

th_P7150649.jpg
フリードも今年の秋にフルモデルチェンジが予告されています。コンパクトミニバン同士の戦いは今後も目が離せませんね。



トミカ トヨタ シエンタ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/60
ギミック:サスペンション/後部ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2016年7月16日
納 車 日 :2016年7月16日
標準価格:450円
入手価格:450円

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。


参考情報元:Wikipediaトヨタ公式ホンダ公式 




Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link