トミカプレミアム No.18 三菱 GTO ツインターボ

ミニカー/ミツビシ
07 /18 2016
th_P7160804.jpg
すっかりスポーツカーをだすシリーズとなってしまっているトミカプレミアムの新作。GTOは初のトミカ化ですね。

th_P7160805.jpg
1990年に登場した三菱の4WDスポーツカー。自分が生まれるより前のクルマということで、個人的にちょっと馴染み薄いクルマです。実車について勉強するいい機会になりました。今回のトミカはリトラクタブルヘッドライトを装備した前期型。

th_P7160806.jpg
とっても目立つ赤色で登場。現役時代は『あなたのスポーツは、面白いですか。』や『スポーツは、ライバルがいるから、面白い。』といった挑発的なキャッチコピーが使われていました。ランエボも消え、ラリーアート系の車種もなくなり、すっかり丸くなってしまった今の三菱からはちょっと想像ができません。

th_P7160807.jpg
横から。ファストバックと呼ばれるボディスタイルを採用。曲線と直線とがうまく組み合わさった美しいデザインですね。

Sponsored Link

th_P7160808.jpg
今回のGTOはツインターボ仕様。公称データによるとターボ車の最高出力は280PSだそうです。うちにいる1500ccのヴィッツRSは110PSなので、なんと2.5倍!! 何の意味もない比較ですが。

th_P7160809.jpg
ツインターボ車の特徴的な装備の一つとして、フロントとリアのスポイラーが速度に応じで自動で動く「アクティブエアロシステム」があり、その機構の都合上リアスポイラーの形状がNA車とターボ車で異なっています。 

今回のトミカでは、リアスポイラー中央にハイマウントストップランプが再現されているので、この点を以ってツインターボ車であると確認できます。

th_P7160810.jpg
赤い三菱エンブレムや、フォグ、ウインカーなど細部まで塗り分けられているのはさすがトミカプレミアム。閉じているライトの先端、シルバー塗りで再現されている部分はポジションランプです。

th_P7160811.jpg
リアに書かれたMMCは「MITSUBISHI MOTORS CORPORATION」の頭文字。このころはまだ「MITSUBISHI MOTORS」というブランド表記を使っていなかったそうです。

th_P7160812.jpg
ホイールも、もちろん実車同様のデザインに。

th_P7160814.jpg
写真ではうまく伝わりませんが、内装も塗り分けられています。ぜひ手にとってじっくりチェックしてください。

th_P7160815.jpg
裏から。


トミカプレミアム 三菱 GTO ツインターボ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカプレミアム
スケール:1/63
ギミック:サスペンション
入手状態:新品
発 売 日 :2016年7月16日
納 車 日 :2016年7月16日
標準価格:800円
入手価格:800円

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。


参考情報元:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BBGTO
http://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_21265.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11113597381

スペシャルサンクス:おぢさんZeliousさんけつたさん





Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link