漆黒のiPhone7を予約しました。

iPhone
09 /09 2016
ss732.png

日本時間9月8日に正式発表されたiPhone7/7 Plus。イヤホンジャック廃止などAppleらしい大胆な切り捨てと、Felica搭載や防塵・耐水といった、ずっとみんながあったらいいなぁと思っていた機能が搭載されたことで、発表後から大きな話題になっていますね。9月16日の発売に先駆けて、先ほど=9月9日 16時01分から全国・全キャリア一斉に予約受付が開始されました。

「今回は新型iPhoneがでても買わないぞ!!今ので満足だ!!」 と言いながら、発表会を見て新型が欲しくなってしまう毎年恒例のイベントを経て、今回もiPhone7の予約争いに参加してまいりました。


ssjetyoyaku42.png
例年職場の近くの比較的大きなソフトバンクショップ店頭で予約をしていましたが、昨年のiPhone6sのときは初回入荷から漏れてしまい、発売日当日に希望のものの在庫を持っている店舗を見つけるのに苦労してしまったので、今回は方針を変えてソフトバンクオンラインショップから予約をすることに。予約開始時間から申し込み送信→エラー→リロードを延々と繰り返すこと9分。ようやくつながり、16時10分07秒付で予約申し込みに成功しました。


ss7jet.png
今回購入したのはiPhone7・ジェットブラック・128GBという組み合わせ。

iPhone3G(黒)→3GS(白)→4(黒)→4s(白)→5(黒)→5s(白金)→6(黒)→6s(白薔薇)と交互に白・黒と買っているので、今回もこのパターン通り。6sで選んだローズゴールドにも相変わらず強い愛着がありますが、今回の7は6/6sとデザインや寸法がほぼかわらないため、新鮮味をとることにしました。

ジェットブラックは新色であり、iPhone7のメインカラーであり、久々に登場した高光沢カラーということで一番人気が予想されるカラーです。(そもそもの準備数が公表されていないので、この事実だけで人気色であると断言することはできませんが)Apple Online Storeでは他のどの色よりも早く初日配送分が完売しています。

Sponsored Link

ちなみにJet Blackの「Jet」は樹木の化石である「黒玉」のこと。「Jet-Black」は日本語の「漆黒」にあたります。Apple公式商品ページでは「驚くほど精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工という、デザインエンジニアリングの新たな偉業による」色であり、「横から見ても、どこまでがアルミニウムで、どこからがガラスなのかわからない」と自信満々にアピールしているので実際に手に取るのがとっても楽しみです。


sshaimen56.png
iPhone7の商品ページの下に小さな文字で書かれた注意書きに

“ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。”

との記述が見られます。クレームや集団訴訟対策で大げさに書いているのではないかとクリアケース装着予定の私は楽観視していますが、ケースを絶対につけたくない人や、バンパー型のケース一途な人はすこし心の準備をしておいたほうがいいかもしれません。



予約完了したあとは祈りながら確保完了の連絡を待つのみ。今年も無事に発売日ゲットができるのでしょうか。来週16日が待ち遠しいです。またなにか進展があればご報告します。


(記事内のiPhone7の写真はすべてApple公式商品ページより/参照元: Wikipedia「黒玉」)
Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link