iPhone7 ブラックを購入しました。

iPhone
09 /17 2016
th_IMG_9692.png
本日発売のiPhone7。ジェットブラックを予約してアクセサリまで準備したのに結局発売日に入荷せず、ジェットブラックをキャンセルして他の色の予約を取り直しても発売日入手が厳しそうだったので、今年も発売日ゲットを成し遂げるために急遽昨夜からAppleStore表参道に並んで購入してきました。

購入したのは「iPhone7 128GB ブラック」のモデル。ジェットブラックの陰に隠れたもうひとつの新色です。ジェットブラックに気を取られすぎて正直あまり気に留めていなかった色ですが、並んでいる間に見たハンズオン動画で美しさに気づき、購入に至りました。

詳細なレビューは専門のブログメディア等々が紹介すると思いますが、購入記録を兼ねて写真で簡単にご紹介。

th_P9162083.png
iPhone7 ブラック。5は「ブラック&スレート」、5s,6,6sは「スペースグレイ」というブラック系のカラーの設定がありましたが、はっきりと「ブラック」を名乗るカラーがでてくるのは4s以来ですね。

th_P9162084.png
つや消しブラックのボディと、つやありの前面ガラスの対比がかっこいい。逆にガラスと背面が同じような光沢をもっているのがジェットブラック。

th_P9162091.png

th_P9162096.png
6/6sからキープコンセプトのため側面のボタン配置も全く同じ。初めての機種なのに、既に持ち慣れているような安心感のあるデザインです。

th_P9162097.png
フロッピーディスク、CDドライブ、従来型のUSBなどなど、当たり前に普及しているものを大胆に切り捨てるAppleの断捨離最新作はイヤホンジャックでした。時代が追いつくまでは不便を感じる人も少なくないかとおもいますが、下部が左右対称になり、デザイン性は向上したと思います。

th_P9162103.png
背面。iPhone5のスレートをさらに暗くしたような、美しいつや消しブラックです。

th_P9162104.png
6/6sで不評だったいわゆる「Dライン」は廃止され、つなぎ目のない一枚板のような雰囲気に。

th_P9162110.png
サイレントスイッチや音量ボタンの位置も据え置き。一見変更がないようですが、6/6sの音量ボタンの間にあったくぼみが消えています。

th_P9162109.png
D型ではなくなったものの樹脂製のアンテナ自体は存在しています。ブラックとジェットブラックではボディカラーにうまく溶け込んでいるのであまり目立ちません。色によってはそれなりに目立つので気にする方は購入前に現物チェックを。

th_P9162112.png
初代から不変のiPhoneのアイデンティティ「ホームボタン」が、10世代目にあたるiPhone7からついに物理ボタンではなくなりました。圧力を感知するタッチセンサーとなり、ボタンを押し込むと押し込んだ感覚を再現した振動が指先に伝わります。ボタンを押している感覚はあるのに実際にボタンは動いていない不思議な状態。ただこれは事前の評判通り満足な完成度とは言えず「ボタンを押し込んだ感覚」だと思って振動を指先で感じると違和感を抱く方も少なくない気がします。どちらかというと触れるとバイブして反応するGalaxyのバックキーに似ているので、触って不快というわけではないんですけどね。どうせ慣れます。

th_P9162106.png
日本向けのiPhone7/7Plusは背面に日本語が入ります。これは大人の事情の世界なのでぼやいても仕方ないんですけどね。幸いなことに非常に小さく薄い文字で書かれているので目立ちません。

th_P9162128.png
画面をつけて。

th_P9162151.png
化粧箱はこんな感じ。

th_P9162153.png
4行目にFelicaの文字を発見。まだ現時点ではSuica使えませんが、来月頃からサービス開始するようなのでiPhoneで自販機ジュースを買える日がくるのを楽しみにしています。

th_P9162115.png
付属品はこんな感じ。これまでのiPhoneとほぼ同じ構成です。

th_P9162154.png
新たに従来のイヤホンをLightning端子で接続できるように変換アダプタが付属します。お気に入りのイヤホンを急に手放すのはちょっと......という人に嬉しい。

th_P9162156.png
付属のEarPodsもLightning接続のものに切り替わりました。

Sponsored Link

th_P9162183.png
1年間つれそったiPhone6sと。

th_P9162182.png
白から黒へ交代です。

th_P9162187.png
色が違うと随分と雰囲気がかわりますね。ローズゴールドもお気に入りのカラーでしたが、連続させると新鮮味に欠ける気がして今回はやめました。

th_P9162184.png
本体の寸法はほとんどかわっていませんが、カメラの位置とサイズが大きく違うので多くの6/6s用のケースは流用不可だと思われます。

th_P9162185.png
イヤホンジャック廃止でシンプルになった底面。6sの酸化が目立ってきてしまってますね...きれいなまま1年頑張って欲しかった。

th_P9162188.png
また1年、大切に使っていきたいと思います。


今日買ってきたばかりでまだ全然試せていませんが、何枚かiPhone6sと撮り比べをしたのでご紹介。劇的な変化ではないものの、暗所でも明るく、くっきり写っているのが細部を比較するとわかります。
6sIMG_9669.jpg
iPhone6s

7IMG_9663.jpg
iPhone7。看板の文字がくっきりしているのがよくわかります。

6sIMG_9670.jpg
iPhone6sで最大ズーム

7IMG_9665.jpg
iPhone7で最大ズーム。

6sIMG_9685.jpg
iPhone6sで暗所。

7IMG_9683.jpg
iPhone7で暗所。これは明るく写っているのがわかりやすいはず。


カメラはデュアルレンズ採用の7Plusが劇的進化を遂げているようなので、機会があればそちらも試してみたいと思います。防水やSuicaなどじっくり使って気づくことも出てくると思うので、また何か気づきがあればご報告します。


最後に、せっかくAppleStoreまで出向いたので展示機でチェックした他のカラーの写真も。

th_20160916_094423.png
私のブラック。

th_20160916_094447.png
ジェットブラック

th_20160916_094346.png
ローズゴールド

th_20160916_094416.png
シルバー

th_20160916_094400.png
ゴールド

th_20160916_094248.png
ブラックとジェットブラック。

th_20160916_094208.png
かなり印象違って好みがはっきり分かれると思います。ポチる前に是非現物チェックを。

th_th_20160916_094233.png

前面の雰囲気はほぼ同じ。


Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link