エレコム iPhone 7用 フレックスシェルカバー クリアブラック PM-A16MTRBK

iPhone
09 /23 2016
th_P9232453.png
iPhone 7発売前から準備していたレイ・アウトのクリアハードケース。透明度が高く、ボディカラーを損ねずに保護したい私にはぴったりでした。

th_P9232451.png
しかし気になるのは側面。クリアケース自体の反射で、どうしても白っぽく見えてしまいます。シルバーやローズではここまで気にならないかもしれませんが、今回の真っ黒なiPhoneとの相性はイマイチ。iPhone 5のスレートにクリアケースつけたときも同じことぼやいてた気がします。黒端末あるあるですよね。

th_P9232441.png
ということで、クリアはクリアでもクリアブラックのケースを買ってみました。

th_P9232447.png
th_P9232446.png
これまで使っていたレイ・アウトのもの同様に、必要な部分がばっさりと開かれているデザイン。脱着しやすいので好きです。

th_P9232457.png
さっそくiPhone 7 ブラックに装着。前面。

th_P9232460.png
背面。狙い通り側面の反射が目立たなくなり、一体感が増しました。

th_P9232467.png
ケース自体に色がついているので、背面を真正面から見たときの色は必然的に実物より暗くなります。記事冒頭の写真と比べていただくとわかりやすいかと。

th_P9232464.png
背面の透明感を取るか、側面の一体感を取るか。


クリアとクリアブラックを比較

th_P9232470.png
iPhoneを使う自分自身が見るのは画面側ですよね。まずこれがクリア

th_P9232469.png
こっちがクリアブラック。


th_P9232456.png
クリア

th_P9232461.png
クリアブラック


Sponsored Link

th_P9232471.png
クリア

th_P9232459.png
クリアブラック


th_P9232454.png
クリア

th_P9232472.png
クリアブラック




th_P9232479.png
th_P9232482.png
屋内でチェック

th_20160923_150348~01
th_20160923_150048~01
屋外でチェック


iPhone7のブラックは今までのスレートやスペースグレイと違い「真っ黒」なので、クリアではない単なる黒いケースでいいんじゃないかと突っ込まれそうな気がします。クリアでなければこれ以上に側面の反射が気になりませんからね。iPhone6の時に使ってた黒いレザー風のケースとかもいいなぁなんて思ってもいます。

ただ、そんな中であえて今回“クリア”ブラックを選んだのは背面に輝くAppleロゴが隠れないから。クリアとしてのメリットを生かしつつ、黒いiPhoneとの一体感にもこだわりたい人には、「クリアブラック」はとても良い選択だと思います。



Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link