ひらくPCバッグ (オリーブグレー)を購入しました。

ガジェット
10 /19 2016
th_PA153826.png
「ひらくPCバッグ」を購入しました。いままで「ひらくPCバッグmini」を使っており、常時自立する安定感と、重たい荷物を入れても疲れない肩紐をとても気に入っていましたが、mini故に、カバンに入る荷物の量がもの足りず思い切って大きいものに買い換えることにしました。

th_PA153827.png
今回は店頭で購入し、現物を見て気に入ったオリーブグレーをセレクト。明るすぎず暗すぎない色なのでシーンを選ばずに利用できそうです。

th_PA153828.png
ひらくPCバッグの安定感の秘密である二等辺三角形デザイン。

th_PA153832.png
こんなかんじで開きます。

th_PA153829.png
今まで使っていた「ひらくPCバッグmini」と。縦型と横型でずいぶん見た目が変わりますね。

th_PA153831.png
身長の差はこんな感じ。

Sponsored Link

th_PA153842.png
これまでの使用状況はこんな感じ。持ち歩きたいものは一応全部収まっていますが、プラスアルファの余裕は全くありません。

th_PA153833.png
荷物を全部移してみました。スペースに余裕ができたことが一目でわかりますね。

th_PA153845.png
この状態でカバンに収まっている荷物の量はこんな感じ。これより普段の荷物が少ないという人はminiでも支障ないはずです。私とは真逆ですが、「ひらくPCバッグ」を大きいと感じる人がいるから「ひらくPCバッグmini」が生まれたわけですからね。

th_PA153840.png
プラスアルファの余裕のおかげで愛飲しているボトル缶コーヒーを無駄に多く入れたり、

th_PA153841.png
衝動買いしたおもちゃを入れて持ち帰ったりできるようになりました。これまでカバンを背負っているのに、買ったものがカバンに入らず小さな買い物袋を手で持って帰る...なんてことがしばしばあったので、この空間は地味に嬉しい。中の仕切りの位置はマジックテープで固定されているだけなので好きな幅に調整できます。

th_PA153836.png
15インチMacBook Proまで収納可能なので、私が使っている12インチMacBookは余裕で収納できます。学生の必須アイテムであるA4クリアファイルもMacBookと同じ場所に収めていますが、もうひとつA4が収まるスペースがあれば通学カバンとしても万能だったのになぁと思います。

th_PA153837.png
A4サイズこそ入らないものの、パソコン用スペースの手前には2つに仕切られたポケットがあります。いままでどこにいれてもしっくりこなかった電子辞書(これも通学カバンとして使いたいからこその悩み)がぴったり入り大満足。右側は写真ではS7edgeを差し込んでいますが、手帳の固定位置にちょうど良さそうです。

th_PA153839.png
mini同様、側面にはモバブがおさまるポケット付き。これすごく便利です。

th_PA153835.png
ファスナー付きポケットは2つ。片方は中身が見え、もう片方は中身が見えないので、どう使い分けるか悩みどころ。個人的にはカギをいれておける、もっと小さなファスナー付きポケットがあったら嬉しかったかなぁ。

th_PA153846.png
miniでも同様ですが、ファスナーをすべて開けなければ「ひらかないPCバッグ」として一時的に使うこともできます。急にたくさんの荷物を詰め込まなくてはいけないようなイレギュラー時はこれでだいたいなんとかなります。


「ひらくPCバッグmini」での唯一の不満だった収納容量が解決したので、今回の「ひらくPCバッグ」は長く使えそうです。お値段は20000円。一時期の品薄も落ち着き、公式通販でも記事公開時点全モデル在庫あるようなので気になっている方はぜひ。


Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link