ニンテンドー2DS (ラベンダー) フォトレビュー

ガジェット
11 /28 2016
th_PB270053.png
「ニンテンドー2DS」を誕生日プレゼントとして恋人からいただきました(のろけ)ので、写真で簡単にご紹介。日本では今年の9月に発売になったばかりのモデルなのでこれから購入を考えている方の参考になれば。

Sponsored Link

th_PB280055.png
ニンテンドー2DSは2013年10月にヨーロッパで発売になった小型ゲーム機。端的に言えば「3D表示のできない3DS」です。3D表示ほか、折りたたみ機構やステレオスピーカーを廃止することで3DSよりもリーズナブルな価格を実現しています。

任天堂自身が「7歳未満の子どもが3D映像をみると目の発達に悪影響を及ぼす恐れがあるので、3D表示をオフにすることを推奨する」という趣旨のコメントを発表しているので、お子様の目の健康が心配な親御さんにもオススメの選択肢です。


th_PB280060.png
カラーラインナップはラベンダー、ブルー、レッド、クリアブラック、ピンクの5色。今回は優しい色合いのラベンダーを選びました。

左下にイヤホンジャックを備えているので、イヤホンを差し込めばステレオでサウンドを楽しむことができます。

th_PB280058.png
右から。横から見ると表面がなだらかに傾斜するようにデザインされているのがよくわかりますね。このおかげで、折りたたみ機構がなくても画面が見にくいと感じることはありません。

th_PB280059.png
音量スライダーは左側面に。

th_PB280062.png
3DSは本体を折りたたむことでスリープにしますが、折りたためない2DSではその代わりとなるスリープ用のスイッチがついています。写真はスリープ状態のもの。

th_PB280063.png
タッチペンは右側面に格納されています。

th_PB280064.png
背面。

th_PB280065.png
ゲームソフトは本体上部に差し込みます。3DS向けとDS向けのほぼ全てのソフトに対応していますが、「New3DS専用」を謳っているものや、3DS本体の形状や3D表示を生かしてゲームを進行する一部のソフトは非対応のようです。

th_PB280070.png
背面には3DS同様に3D写真を撮影できるデュアルカメラ。3D撮影はできるけど、2DSでは3D表示できないというかなり大胆な仕様となっています。友達の3DSに写真を送る時とかに楽しむ用ですね。

th_PB280068.png
th_PB280069.png
ゲーム操作に使う各種ボタンは上画面と下画面の間。3DSに比べるとやや上にズレている印象。

th_PB280072.png
サイズ感の参考にiPhone 7を隣に。

th_PB280071.png
のっぺりとしたデザインのせいで余計に大きく見え、なんとも持ちにくそうに思えますが、手にとってみると非常に安定感があることに気づきます。小さな手でゲームボーイアドバンスを持ってきたあの頃が思い出されます。


th_PB280074.png
パッケージ。

th_PB280075.png
本体カラーごとにしっかり作り分けられています。

th_PB280076.png
付属品一式はこんな感じ。専用充電器も付属しています。

th_PB280077.png
今回挑戦するゲームソフトは今月18日に発売になったばかりの「ポケットモンスター サン」 ポケモンのゲームはGBAの「サファイア」以来。変わってない要素もたくさんありますが、新しく増えた要素もたくさんあって、すっかり浦島太郎です。ヤドンが可愛いことがよくわかったのでとりあえずヤドンを愛でたいと思います。最初のポケモンはモクローにしました。

th_PB280067.png
折りたためないので、このままカバンに入れると画面に深刻な傷をつけてしまいそうで心配。2DS購入予定の方は本体と同時にケースも購入しておくといいかもしれません。


せっかくプレゼントしてもらったので、大事に使っていきたいと思います。「島巡り」ちゃんと達成できるかな。






Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link