トミカ No.81 ホンダ NSX-R 【入手記録】

ミニカー/ホンダ
11 /29 2016
th_PB235251.png
トミカ No.81 ホンダ NSX-R。2002年12月から2010年10月まで販売されていた廃番トミカです。長らく未入手でしたが、程度のよいものをリサイクルショップで発見して購入。来月新型のNSXがトミカになるしどうせ買うなら今かなぁと。
Sponsored Link

th_PB235196.png
デビューからおよそ11年後のビッグマイナーチェンジによって、リトラクタブルヘッドライトから固定式ヘッドライトに変更された後期型のNSX。トミカでは2002年に追加された「TYPE R」にあたる上級グレード「NSX-R」としてリリースされました。

th_PB235197.png
NSX-Rではエアアウトレットつきボンネットや大型のリアスポイラー、リアディフューザーなどの外観上見てわかる専用装備が加わったほか、クランクシャフトやコネクティングロッドなど見えないところにもしっかりと手が加わっており、走行性能が大幅に向上しています。さらに快適装備の削減や、バンパー等のアルミ化、ボンネットやリアスポイラーのカーボン化などによって徹底的な軽量化も行われました。

th_PB235198.png
ボディカラーはTYPE-R専用色である「チャンピオンシップホワイト」を再現しています。昨年登場したシビック TYPE Rにも継承されている伝統のホワイトです。

th_PB235199.png
正面から。メッキパーツのヘッドライトがトミカらしくて好きです。最近はめっきり使われなくなってしまって寂しい(メッキだけに)「R」の象徴である赤いホンダマークも印刷で再現されています。

th_PB235200.png
テールにはクリアパーツを使用。NSX-R専用装備であるリアスポイラーやリアディフューザーの形状もちゃんと作られています。

th_PB235203.png
ルーフやピラーが黒いのは車高を低く見せるための工夫だそう。

th_PB235201.png
当時の新車価格は1200万円。カーセンサーに何台か中古車が登録されています(記事公開時間現在)が、いずれも定価を上回っているようです。衰えぬ人気を感じます。

th_PB235202.png

th_PB235204.png
裏から。

th_PB235195.png
パッケージ。今回入手したのは新車シールが貼られた発売当初のものです。

th_PB235216.png
当時のミニトミカニュースも。懐かしいですね。

th_PB235217.png
のちに回収になるマグナムパトレーラーが「大好評発売中」としてアピールされていました。時代を感じます。

th_PB235205.png
リトラクタブルヘッドライト時代のNSXもトミカ化されているのでツーショット。

th_PB235206.png
新型NSXもチャンピオンシップホワイトではないものの、初回特別仕様としてホワイトが登場するので、3台並べるのが楽しみです。

トミカ ホンダ NSX-R

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/59
ギミック:サスペンション
入手状態:中古
発 売 日 :2002年12月
納 車 日 :2016年11月
標準価格:360円+tax
入手価格:2500円+tax

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。


参考情報元:『ホンダ・NSX』- Wikipedia / 『NSX基本情報』- ホンダ公式 (レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)



Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link