2017年ミニカー始め。ホットウィール '69 ダッジ チャージャー 500 / ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ

ミニカー
01 /01 2017
あけましておめでとうございます。2017年がやってきました。本年もレトロレトラとtadatchiをよろしくお願いします。

th_P1011053.png
さて、新年早々さっそくミニカーを入手したのでご紹介を。ホットウィールの「'69 ダッジ チャージャー 500」と「ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ」です。初詣の帰り道に寄ったディスカウントストアで特価販売されているのを見つけました。新年ミニカー始めはトイザらス限定のBRZかアピタ限定の2000GTだろうと思っていたので、意外な出会いに自分でも驚いています。

Sponsored Link


ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ

th_P1011055.png
このウラカンは発売当時に1台入手していたものですが、深刻な訳あり品を引き当ててしまっていたので良品をずっと探し求めていました。

th_P1011056.png
戦闘機を彷彿とさせるデザインのランボルギーニ車にはガンメタリックがよく似合いますね。

th_P1011057.png
大きなリアウイングが迫力満点。サイドにはさりげなくトリコロールカラーのストライプがはいっています。

th_P1011058.png
以前の記事では不良箇所の都合で載せられなかった正面の写真も、今回は載せることができます。嬉しい。ヘッドライトの印刷がいい仕事をしていますね。

th_P1011061.png
裏から。

th_P1011050.png
パッケージ。


'69 ダッジ チャージャー 500

th_P1011062.png
売り場でウラカンのすぐそばに置かれていたダッジ チャージャー 500。鮮やかなカラーリングに惹かれて購入しました。

th_P1011063.png
「チャージャー500」は1969年に登場した特別モデル。レース志向の強いクルマだったそうで、フロントウインドウやノーズのデザインが空力性能を強く意識したものになっています。

th_P1011064.png
いかにも「アメ車」って感じのデザイン(語彙力不足)

th_P1011065.png
ボンネットからリア端までつながる黒いストライプが外観上の良いアクセントになっています。

th_P1011066.png
ホットウィールマークいり。

th_P1011067.png
裏から。

th_P1011051.png
パッケージ。

th_P1011068.png
2台の地上高が天と地ほどに離れています。対照的で面白いですね。


このたった2台から始まった2017年のミニカー集め。今年はどんなミニカーたちとの出会いがあるのかな? 今後が楽しみです。

ホットウィール '69 ダッジ チャージャー 500 / ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ

メーカー:マテル
ブランド:ホットウィール
スケール:
ギミック:なし
入手状態:新品
発 売 日 :2016年9月
納 車 日 :2017年1月
標準価格:各200円
入手価格:各100円
記事分類:入手記録/レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。

参考情報元:『ダッジ・チャージャー』- Wikipedia
(レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)




Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link