トミカプレミアム No.21 ホンダ NSX Type R

ミニカー/ホンダ
01 /21 2017

th_P1212066.png
本日発売のトミカプレミアムの新作。リトラクタブルヘッドライト時代のNSX。1992年登場の高性能モデルであるType R。先月の通常品新車の新型NSXに続いての登場です。

Sponsored Link

th_P1212067.png
リトラのNSXは1991年に一度トミカになっていますが、トミカプレミアムは完全新金型がウリなので今回のNSXも当然新金型です。手に取ってすぐその造形の美しさに感心します。

th_P1212068.png
ボディカラーはType Rの象徴でもある「チャンピオンシップホワイト」

th_P1212072.png
この世代のNSXはボディカラーと、この赤いホンダエンブレム以外にTypeRだと見分けられる外観上のポイントがほとんどないそうです。高性能を誇示しない感じがいいですね。NSXくらいだと黙っててもみんな振り向くからアピールが入らないのかもしれませんが。

th_P1212070.png
正面から。グリルの彩色はもちろん、ウインカー部分もシルバーで彩色が施されています。細かいところまで手が入っているのはさすがプレミアムです。

th_P1212071.png
テールは既存のNSXのトミカ同様にクリアパーツで再現。

th_P1212069.png
赤色に塗り分けられたレカロシートがよく目立ちます。

th_P1212073.png
白い専用ホイールも再現。

th_P1212083.png
裏から。

th_P1212086.png
パッケージ。


th_P1212074.png
旧No.78のNSXと。左が1/59スケール、右が1/60スケールですので、プレミアムの方がやや小さめ。

th_P1212075.png
プロポーションの違いは一目瞭然。とてもよくなりました。

th_P1212076.png
トミカ好きとしては旧No.78の造形も味があって好きですが、単純にミニカーとして評価するなら、悩むまでもなく今回のプレミアムの圧勝です。

th_P1212077.png
プレミアムと並べるならトミカリミテッドかなということで、コレクションから0134 Honda NSX-Rを。

th_P1212078.png
リミテッドとなら並べても塗装や印刷の質の差は目立ちませんが、縮尺が違うのでこれはこれでちょっと違和感のあるツーショットになります。

th_P1212080.png
先月の新車のNo.43 NSXと一緒に。

th_P1212081.png
実車のサイズ関係は無視することになりますが、1/62スケールの新型NSXと並べるとサイズ感はしっくりきます。

th_P1212082.png
連続してリリースするだけあって、この2台が並んで飾られることは考慮して作られてるのかなという印象。こう改めて見比べると、新旧NSXのデザインは全然違うのがよくわかりますね。

th_P1212079.png
左からトミカ通常品No.43 NSX・同No.81 NSX-R(生産終了)・今回のプレミアム・同No.78 NSX(生産終了)

今回の記事には出てきていませんが、SUPER GT用のNSX金型もありますね。なにがなんだかわからなくなっていく...笑


トミカプレミアム No.21 ホンダ NSX Type R

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカプレミアム
スケール:1/60
ギミック:サスペンション
入手状態:新品
発 売 日 :2017年1月21日
納 車 日 :2017年1月21日
標準価格:800円+tax
入手価格:800円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

Sponsored Link