トミカタウン トヨタオートであそぶ。

トミカタウン
01 /23 2017

IMG_2493.png
とっても珍しいトミカタウンを入手しました。「トミカタウン トヨタオート」 いまのネッツ店の前身にあたる「トヨタオート店」のショールームを模したものです。1989年から1990年の間に発売され、遅くとも1997年までに生産終了になりました。のちにネッツトヨタ、ホンダカーズといくつか自動車販売店のトミカタウンがリリースされましたが、現在はいずれも廃盤となり入手困難となっています。パーツ未チェックのジャンク品として購入したので、本来付属するものではないものが含まれていたり、あるべきものが欠品していたりしていますが、気にせずにご紹介いたします。

Sponsored Link

IMG_2494.png
後ろから。トヨタオート店は1998年にネッツ店へ改称するので、オート店は私世代が物心ついた頃にはなくなってしまっていました。実はこのオート店を見つけたとき、ネッツ店も並んで売られていたのでどちらを買おうかと悩みました。実物を知らない方が先入観なく自由に遊ぶことができると思い「自分が当時を知らないこと」を決め手にオート店を選びました。

th_P1232222.png
チェイサー・スプリンター・MR2。みんな懐かしい車名になってしまいました。

th_P1232225.png
窓にも車名が並びますが、今でも残っている車名はライトエースだけ。

th_P1232230.png
th_P1232229.png
天井のボタンを押すと自動ドアが開閉します。

th_P1232232.png
欠品しがちな側面のドアも残っていました。これは嬉しい。


th_P1232237.png
好きなトミカを中に入れて展示することができます。

th_P1232235.png
後ろが丸ごと開くので、トミカの出し入れはとっても簡単。

th_P1232236.png
ショーウインドウの側面についているダイヤルを回すと

th_P1232238.png
th_P1232237.png
ターンテーブルが左右に動きます。

動画で


th_P1232227.png
よく見るとスプリンターのポスターが貼られています。

IMG_2496.png
トミカとつながる道路を設置してみるとこんな感じ。時系列が乱れていますが、「ここはトヨタオート店が消えなかったパラレールワールドで、2017年のトヨタオート店はあらゆるトヨタ車を扱うディーラーになった」と脳内補完をお願いします。大人の常識に縛られないのがおもちゃの世界の魅力ですから。←

th_P1232242.png
パラレールワールドの2017年という設定なので、当然最新のプリウスの試乗車もあります。

th_P1232245.png
長い付き合いのお客さんも遊びにきます。

th_P1232252.png
店長は車検適合のイカついヴィッツで通勤。

th_P1232248.png
駐車場の後ろに以前入手したトミカ用のリフトを置いて整備スペースも確保しました。さっききたトレノのお客さんは点検目的だったんですね。

トミカタウンは今年リニューアルスタートすることが発表されていますが、今現時点では自動車販売店の発売予告はありません。需要は多いと思うので、ぜひ新規格のトミカタウンでも商品化していただきたいなと思います。AREA86のトミカタウンとか出たら私得なんですけどねぇ。でないだろうなぁ...。笑

当時の定価は2000円で今回の入手価格は5000円。なかなか色がついているお値段ではありますが、ずっと欲しかったものなので手に入って大満足です。この記事見て、そういえば持っていたなぁと思い出した方はぜひ捨てずに大切にしてあげてくださいね。



Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link