トミカ No.21 アバルト 124 スパイダー

ミニカー/フィアット
04 /15 2017
th_P4152298.png
今日発売のトミカの今月の新車。「アバルト 124 スパイダー」をご紹介。

Sponsored Link

th_P4152253.png
まずは通常品から。

th_P4152260.png
「124 スパイダー」はマツダとフィアットの技術協力協定によって誕生したオープンカー。マツダの ロードスターをベースとして、フィアット流にアレンジされたクルマです。

th_P4152261.png
日本国内ではベース車「フィアット 124 スパイダー」は販売されていないので、トミカは日本でも購入できるチューンアップの「アバルト」仕様でモデル化されました。

th_P4152262.png
マツダのロードスターをベースとしていますが、両車の外観は完全に差別化されています。言われなければロードスターベースだと気づかないほど。全長も124の方が139mm長いそうです。

th_P4152264.png
今回のトミカに採用された印象的なマットブラックを組み合わせたカラーリングは、実車でもオプションで選択ができます。ラリーを制した往年の「アバルト 124 スパイダーラリー」をイメージしたもので、「ABARTH 124 spider ヘリテージルック」と呼ばれるものです。

th_P4152265.png
ちなみにこれ、オーナーの好みや予算に応じて「ペイント」と「ラッピング」が選べる仕様になっています。面白い。

th_P4152266.png
th_P4152267.png
アバルトといえばサソリですよね。エンブレムがしっかり印刷で再現されています。

th_P4152268.png
車名エンブレムも。

th_P4152269.png
th_P4152270.png
th_P4152271.png
ルーフを取り外してオープン状態を楽しむこともできます。

th_P4152272.png
内装は左ハンドル。ロードスターの流用じゃないのが好印象です。

th_P4152273.png
かっこいい!

th_P4152293.png
裏から。

th_P4152254.png
もうひとつ、初回特別仕様も用意されています。こちらは車名が「アバルト 124 ラリー」なので「アバルト 124 スパイダー (初回特別仕様)」だと表現が微妙におかしい気もしますが、この方がわかりやすいから仕方ないですね。

th_P4152277.png
「アバルト 124 ラリー」はジュネーブ・モーターショー 2016でアバルト仕様と同時にお披露目されたモデル。FIA R-GTカテゴリーの公認を取得した本格高性能モデルです。1.8リッターターボエンジンを搭載しているとか。

th_P4152350.png
事前情報をよく確認していなかったので、てっきり今回の初回特別仕様も通常品の色違いだと思っていました。実物を手にとって、全くの別金型となっていることに気づいてびっくり。

th_P4152279.png
実車同様に全体はつや消しカラーで塗装が施されています。かなり手の込んだ印象。

th_P4152280.png
まえ

th_P4152351.png
うしろ

th_P4152286.png
サソリマーク入り。

th_P4152287.png
ゼッケンなど一部(後述)はシールを自分で貼り付けて再現します。シールも車体に合わせてつや消し仕様となっているので、シールを貼った部分が目立ってしまう心配はありません。すばらしい。

th_P4152288.png
th_P4152289.png
通常品と異なり、ルーフ脱着もできない完全な「124 ラリー」専用金型となっています。当然ながら風ぼうも専用のもの。

th_P4152290.png
ルーフにはエアインテーク。

th_P4152291.png
フロントにはフォグライトも。

th_P4152283.png
上から。

th_P4152292.png
裏側。

th_P4152276.png
付属のシールはこんな感じ。細かいので丁寧に貼りたい方はピンセット使用がお勧め。

th_P4152274.png
th_P4152275.png
シール貼り付け前の状態がこちら。

th_P4152295.png
th_P4152352.png
通常品との比較。完全に別物です。

th_P4152297.png
横からも。

th_P4152299.png
NDロードスターとも比較。

th_P4152301.png
うしろからも。わずかな差ですが、実車同様124の方が若干大きく作られています。

th_P4152302.png
右ハンドルと左ハンドル。パーツは全く別物です。

th_P4152307.png
オープン状態も。

th_P4152305.png
裏側。

th_P4152256.png
ライセンスシール付き。




初回特別仕様は無くなり次第終了。どこかで見かけたら迷わずゲットしましょう。「アバルト 124 スパイダー」と交代で日産 エクストレイルが廃盤となります。

トミカ No.21 アバルト 124 スパイダー

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/57
ギミック:サスペンション/ルーフ脱着(通常品のみ)
入手状態:新品
発 売 日 :2017年4月15日
納 車 日 :2017年4月15日
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。

参考情報元:『アバルト・124スパイダー』- Wikipedia / 『ABARTH 124 spider ヘリテージルック』- ABARTH公式 / 『【ジュネーブ・モーターショー】フィアット「124スパイダー」のアバルト版と、そのラリー仕様が登場!』- autoblog
(レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)




Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link