トミカプレミアム No.13 日産 スカイライン GT-R (R33)

ミニカー/日産
04 /15 2017
th_P4152338.png
本日、スープラと同時に発売となったトミカプレミアムの新作。日産 スカイライン GT-R。

Sponsored Link

th_P4152339.png
一昨年発売になったギフトセット「栄光のGT-Rセット」でハブられたりと、長らく不遇な扱いを受けていたR33型GT-Rがついに堂々の新キャストで登場しました。トミカはR33を見捨てていなかった!

th_P4152340.png
R33 GT-Rは1995年デビュー。先代より大型化したボディが特徴的。ニュルブルクリンクでのタイムをR32と比較した「マイナス21秒ロマン」のキャッチコピーも有名ですね。

th_P4152341.png
クリアで再現されたヘッドライトと彩色されたウインカーがグッドなお顔。落ち着きと迫力を兼ね備えた、このフロントマスクが大好きです。穴の空いたバンパーが標準装備されているので1996年デビューの中期型がモデルかな?

th_P4152342.png
美しく塗られたテールランプ、しっかり抜けたリアウイング、塗装されたマフラー、GT-Rエンブレム...どこを見てもバッチリです。

th_P4152343.png
上から。

th_P4152344.png
左右ドア開閉ギミックつき。

th_P4152346.png
ホイール。

th_P4152345.png
ダッシュボードも再現も。

th_P4152348.png
裏から。

th_P4152257.png
パッケージ。

th_P4152353.png
R33も実車現役当時にトミカ化されています。うちにあるノーマルのものは保存状態が良くないので、覆面パトカーとの比較でお許しを。

th_P4152354.png
後ろからも。元々あったR33トミカ自体そんなに造形悪くないなと思っていましたが、こう比べるとやっぱり新キャストはすごいなと感じます。プレミアムということで彩色がしっかりしているのも嬉しい。

th_P4152349.png
R32からR35までの歴代GT-Rトミカ。R32が1982年デビュー・現行R35が2016年デビューで34年の幅がありますが、いずれも4年以内につくられた新キャストです。最新技術で作られたトミカで歴代を並べられるのは感慨深いですね。

GT-Rと交代で「IDSコンセプト」が廃盤です。未入手の方はご注意を。

トミカプレミアム 日産 スカイライン GT-R

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカプレミアム
スケール:1/62
ギミック:サスペンション/左右ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2017年4月15日
納 車 日 :2017年4月15日
標準価格:800円+tax
入手価格:800円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。

参考情報元:『知ってて損はない スカイラインGT-R豆知識 BNR32 BCNR33 BNR34 うんちく』- GTCARNET / 『日産・GT-R』- Wikipedia
(レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)





Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link