トヨタ車体 コムスに見て・乗ってきた。

実車
05 /26 2017
th_20170525_124249.jpg
トミカNo.38としておなじみの「トヨタ車体 コムス」を、お台場MEGA WEBで見て・乗ってきたのでご紹介。

Sponsored Link

th_20170525_124126.jpg
展示車はトミカと同じカラーリングでした。シルバーとピンクの組みあわせ。

th_P5264541.jpg
トミカだとこんな感じ。よくできてますね。

th_20170525_124136.jpg
コムスはトヨタのグループ会社「トヨタ車体」が開発・製造している一人乗りの電気自動車です。

th_P5264542.jpg
おなじみのトヨタマークではなく、トヨタ車体のロゴマークが前後に描かれているのがその証。

th_20170525_124144.jpg
簡素なコックピット。

th_20170525_124150.jpg
アクセルとブレーキで操作し、(写っていませんが)右下にハンドブレーキもあります。普通AT車が運転できる人ならすぐ扱えます。

th_P5264543.jpg
トミカで。ペダルまでしっかり再現されています。

th_20170525_124200.jpg
シートも硬く簡素なもの。長距離移動に使う人もいないのでしょうが、長い時間乗るのは辛そうです。

th_P5264544.jpg
トミカ。

th_20170525_124210.jpg
th_P5264545.jpg
愛らしいフロントマスク。後方はサイドミラーを使って確認する形になります。バックミラーがないことにちょっと戸惑うかも。

th_20170525_124218.jpg
th_P5264546.jpg
後ろからも。

th_20170525_124324.jpg
今回見に行ったのは「B・COM デリバリー」というモデルなので、後ろが大きく開いてたくさん荷物を詰めるようになっています。

th_P5264547.jpg
トミカでも開閉ギミックを再現。

th_20170525_130404_20170526122227de0.jpg
「ライドワン」が試乗ができるので実際に乗ってみました。こちらは普段使いを想定した「P・COM」というモデルです。

th_20170525_130517.jpg
中央のデジタルメーターでスピードが確認できます。最高速度が60キロの車両なのでアクセルは意識して強めに踏み込む必要がある印象でした。EVなのでどんなにアクセルを踏みこんでもモーターの音しか聞こえません。最小回転半径3.2mだそうでとても小回りがきき、ハンドル操作は楽チン。道の狭い地域での配達業務や移動にはぴったりなんじゃないかなぁと思います。

私はライドワンで「ランドクルーザー70 トラック」から「iQ」までさまざまな大きさのクルマに乗ってきましたが、今回のったコムスはその中で一番扱いやすく、一番体感速度の速い、スリリングで楽しいクルマだったと思います。職場にコムスがあるという方以外は滅多に乗る機会がないと思うので、MEGA WEBへ行った時はぜひコムスにチャレンジをしてみてください。きっと新しい経験ができるはずです。




Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link