Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

31

最強、躍動。 TORQUE G03 を見てきた。


th_P5314721.jpg
昨日発表されたばかりの「TORQUE」シリーズの新作「TORQUE G03」がau SHINJUKUで先行展示されていたのでチェックしてきました。写真を撮ってきたので簡単にご紹介。

Sponsored Link



th_P5314722.jpg
まずはメインカラーでもあるグリーンから。スマホ本体を分厚いバンパーで囲ったような独特のデザインは変わらず、今までより四角くなった印象です。

th_P5314727.jpg
外観上の最大の変化は、これまで前面に大きく備えられていた物理ボタンが廃止され、オンスクリーンキーに変わったことがあげられます。グローブや濡れ手でタッチしても誤作動しないことがTORQUEのウリの一つでもあるので、わざわざ物理ボタンにしておく必要はなかったのかもしれませんね。ポケットで誤作動しないのでありがたい。

th_P5314723.jpg
右側面。電源ボタンは昨今のXperiaシリーズに近いフラットなデザイン。時代の流れに乗って、今回から指紋認証機能が追加されました。下部の丸いボタンはカメラのシャッターボタンです。

th_P5314724.jpg
左側面には音量ボタン、ダイレクトボタン、ストラップホールが並びます。

th_P5314732.jpg
電源ボタン部分だけ専用のバンパーパーツがついています。指紋認証を護るのが本来の目的だそうですが、手探りでもわかりやすく、ポケット内での誤作動も防いでくれますので、この部分はとても良いデザインだと思います。

th_P5314749.jpg
上部に蓋つきイヤホンジャック

th_P5314750.jpg
下部に蓋つきUSBポート。充電や接続にはUSB Type-Cを使います。qi充電にも対応しているので、蓋つきでも個人的には文句ありません。

th_P5314753_201705311234133cc.jpg
便利な通知ランプつき。

th_P5314744.jpg
コールドモックで背面も。

th_P5314747.jpg
むかって左の小さいカメラがメインカメラ。中央のカメラは広角ムービーを撮影するためのサブカメラだそうです。

th_P5314728.jpg
1300万画素のメインカメラ。オートフォーカスもなかなか速い。G01の残念なカメラを体験した身としては圧倒的進化を感じます。

th_P5314748.jpg
auやTORQUEのロゴは横向きに。落下時に裏蓋が外れないよう、ロック機構が採用されています。昔のG'zOneを思い出しますね。

th_P5314734.jpg
ブラックの展示もありました。

th_P5314735.jpg
画面をつけて。赤×黒は相性抜群ですね。

th_P5314736_201705311234115ea.jpg
写真でお伝えするのが難しいですが、細かいラメの入った綺麗なブラックです。

th_P5314738.jpg
ブラックの場合は保護パーツやカメラボタンがシルバー塗装されています。外観上のワンポイントにいい感じです。

th_P5314743.jpg
th_P5314742.jpg
ブルーはコールドモックで。

th_P5314754.jpg
G02にも途中でブルーが追加されましたが、G03のブルーは全く異なるブルーです。

th_P5314752.jpg
デカすぎないことと、バンパーの形状のおかげで驚くほど手に馴染みます。とても持ちやすい。

th_P5314740.jpg
カラーバリエーションは以上の3色。レッドがないことへの驚きの声をTwitterでいくらか見かけました。そのうち追加されたりするのかな。

th_P5314741.jpg
次のサブ機の買い替えで選ぶならグリーンかなぁ。先日取り上げたS8とどっちを買おうか悩んでしまいます。

th_P5314739.jpg
以前使っていたTORQUE G01と。デザインは大きく変わりませんが、「TORQUEらしさ」はしっかり引き継がれています。

th_P5314731.jpg
TORQUEはなぜか型番で呼ばれない慣習がありますが、一応KYV41にあたるようです。

th_P5314729.jpg
Android7.1.1搭載。

防水防塵耐衝撃など、タフネスな要素は先代からしっかりと引き継がれています。もちろん海水対応も。とにかく強いスマホが欲しいならこれで間違いないでしょう。個人的なはG02でせっかく見れるようになったテレビが、G03で再び見れなくなっているのだけ唯一の残念ポイントです。

6月下旬発売とのこと。今から楽しみです。
本体についての詳細スペックや解説はauの公式ページ京セラの公式ページをご確認ください。


これまで掲載したTORQUE関係の記事も合わせてどうぞ
「最強、現る。」京セラ au TORQUE G01 KYY24 簡単フォトレビュー。
私のサブ機、au TORQUE G01 の今はこんな感じ。
「最強、再び。」 TORQUE G02 KYV35 先行展示を見てきました。
「最強、進化。」au TORQUE G02(KYV35) 新色ブルーを見てきました。




Sponsored Link