トミカ風 ジャパリバス (けものフレンズより)

ミニカー/その他
09 /01 2017
th_P9012168.jpg
「けものフレンズ」に登場するバス「ジャパリバス」 の創作トミカをご紹介。「もしもジャパリバスがトミカになったら」をテーマに 、すばるっちさん(@Clover4_EN07)が3Dプリントで作成したものです。今回縁あって特別に拝見&撮影させていただきました。市販のトミカに見えますが、個人制作の一点ものです。おもちゃ屋さんへ走らないようご注意ください。

Sponsored Link

th_P9012169.jpg
ジャパリバスはネコ科の動物をモチーフにしたバス。アニメ版ではこれを使ってかばんとサーバルがジャパリパーク内を探検していました。アニメを見ていたフレンズの皆さんはご存知ですよね。

th_P9012194_20170901155752940.jpg
横から。公式設定に基づいてとてもリアルに作られているのがひとめでわかります。既存トミカを弄ったものではないので造形に全く違和感がありません。すばらしい。制作の詳しい過程はすばるっちさんのブログを読んでいただければと思います。

th_P9012171.jpg
正面から。

th_P9012177.jpg
ヘッドライトはデカールで再現。サビの具合も公式デザインそっくりですね。

th_P9012172.jpg
後ろから。

th_P9012181.jpg

th_P9012173.jpg
内装の再現も本家トミカっぽい。

th_P9012198.jpg
サイドのジャパリパークのロゴとシンボルマークも自作デカールで再現。

th_P9012175.jpg
ボスが乗る運転席。

th_P9012176.jpg
玩具っぽい(トミカっぽい)ジャパリバスのミニカーということで、今回はあえてトミカのタイヤホイールが流用されています。

th_P9012178.jpg
耳部分のグラデーション塗装は、すばるっちさんのこだわりのひとつだそう。綺麗です。

th_P9012179.jpg
th_P9012196.jpg
俯瞰して。

th_P9012182.jpg
車体の斑点模様も公式設定に準拠しているとのこと。左右対称になるように配置されているのがすばらしい。マスキングが大変だったそうです。

th_P9012180.jpg
「たーのしー!」世界がそのまま手のひらサイズになった感じです。写真ではお伝えできませんがサスペンション機構も備わっています。すごい!

th_P9012189.jpg
作中同様、前後で切り離しができるように作られています。

th_P9012184.jpg
th_P9012186.jpg
ヘッド部分だけで。

th_P9012193.jpg
固定していないので外せるよということで、内装もじっくりチェックさせてもらうことができました。

th_P9012192.jpg
とっても綺麗に仕上がっていて、頑張りとこだわりが伝わってきます。内装の塗装がいかに大変だったかはすばるっちさんのブログを見るとわかります。

th_P9012195.jpg
裏から。

th_P9012207.jpg
トミカとサイズ比較。左がガーラ(縮んでいない方:1/151)、右が後期86(1/60)です。トミカの世界にしっかり馴染むサイズ感です。

th_P9012206.jpg
箱の試作品も見せてもらいました。細かい造形の修正や、雪山仕様の作成など、まだまだ発展の余地を残しているようなので、今後の制作報告にも期待しています。

トミカ風 ジャパリバス

メーカー:すばるっちさん
ブランド:トミカ風ミニカー
スケール:およそ1/64
ギミック:サスペンション/ヘッド脱着
完 成 日 :2017年4月
撮 影 日 :2017年9月
記事分類:フォトレビュー



今回のジャパリバスのデータはDMM.makeで一般公開されており、すばるっちさんが設計したこのミニカーを誰でも造形注文できるようになっています。部品代と制作技術・知識が求められますが、興味のある方はぜひチェックしてみてください。



参考情報元:Untitled log『ジャパリバス』 / ピクシブ百科事典『ジャパリバス』
(レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)

記事公開にあたってのスペシャルサンクス:@Clover4_EN07





Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link