iPhone 8(シルバー)を購入しました。

iPhone
09 /22 2017

th_th_P9222584.jpg
本日発売のiPhone 8を無事にゲットすることができました。一時はもう無理かと諦めムードでしたが、ソフトバンクと佐川急便が頑張ってくれたようです。簡単にですが写真でご紹介。

Sponsored Link

th_P9222565.jpg
今回購入したのはiPhone 8/シルバー/256GBのモデルです。「7s」を飛ばし「8」を名乗っていますが、基本的なデザインはiPhone7から変わりません。

th_P9222566.jpg
外観上の最大の特徴は背面がガラス製になっているということ。今回購入したシルバーは側面がシルバーで背面ガラスはホワイトといった感じ。ガラスで金属を挟んでるような印象です。「ジェットブラックみたいな白がでたらいいな」なんて言っていたので、個人的には期待通りの見た目のiPhoneが登場してくれたと思います。

th_P9222570.jpg
右側面に電源ボタンとSIMスロット。

th_P9222571.jpg
左側面にサイレントスイッチと音量ボタン。

th_P9222567.jpg
今回も当然イヤホンジャックはありません。充電や通信には、噂されたUSB Type-CではなくLightningが継続採用されています。

th_P9222568.jpg
iPhone3G以降、白と黒が交互になるようにiPhoneを買ってきたので、前面が白いiPhoneはローズゴールドを選んだ「6s」以来の久しぶりです。交互に買うと新鮮に見えて新機種購入感が増すのでオススメです。白いiPhoneもかっこいいですよね。

th_P9222572.jpg
飛び出したカメラも従来と変わらず。8の場合は背面自体がガラスなので、レンズが割れる心配をしても仕方ない気がしますが、心配な人はケース等でしっかり保護した方が良さそうです。

th_P9222573.jpg
背面が真っ白なiPhoneは登場自体が久しぶり。最近はシルバーばかり(8の呼称もシルバーだが)でしたからね。白いiPhone3GS・白いiPhone4s・白いiPhone5cを使っていた身としては久々の背面真っ白iPhoneに、ある種の懐かしさを抱きます。

th_P9222574.jpg
ホワイト背面とシルバー側面の組み合わせ。

th_P9222575.jpg
8では背面のiPhoneロゴの下に一切の記述がなくなりました。昨年不評だった「総務省指定」の文字もありません。Apple製品でおなじみの「Designed by Apple in California」もなくなったのはちょっぴり寂しい。

th_P9222577.jpg
ホームボタンには7同様の擬似物理ボタンが採用されています。もうすっかり慣れました。

th_P9222579.jpg
th_P9222581.jpg
1年間使ってきたiPhone7(ブラック)と一緒に。寸法はほぼ変わりありませんが、素材が違うので背面の触り心地が全く違います。8はガラスの適度なツルツル感が気持ちいい。

th_P9222582.jpg
iPhoneロゴ下の比較。シンプルになりましたね。

th_P9222600.jpg
8は置くだけ充電のqiに対応しました。これで完全にiPhoneをワイヤレスで使うことができるようになったわけです。試しに近くにあったGalaxy用のqiチャージャーに乗せて見たところ問題なく充電ができました。これは便利。

th_P9222562.jpg
パッケージ。

th_P9222563.jpg
ぱかっと。

th_P9222564.jpg
付属品もいつも通りです。

th_P9222583.jpg
かっこいい!今年も無事に発売日ゲットできてよかった。大切に使いたいと思います。

th_IMG_8127.jpg
せっかくなので初代iPhone(2G)と。

th_IMG_8126.jpg
Galaxy S8とあわせて「8の2台持ち」になりました。笑



Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link