トミカ No.93 日産 リーフ

ミニカー/日産
10 /21 2017
th_PA200447.jpg
トミカの今月の新車をご紹介。「日産新車」としてギリギリまで伏せられていた新車は先月発売になったばかりの2代目リーフでした。

Sponsored Link

th_PA200426.jpg
まずは通常品。ホワイトとブルーのツートンカラーです。実車のカラー名で言うと「ブリリアントホワイトパール」と「オーロラフレアブルーパール」のツートンです。

th_PA200427.jpg
JC08モードでの連続航続距離はなんと550km。これは先代リーフの2倍に匹敵する性能です。進化がすごい。

th_PA200428.jpg
タイムリーに昨日試乗してきましたが、アクセルだけで加減速ができる「eアクセル」や自動運転「プロパイロット」など感動させられる機能が盛りだくさんで未来を感じました。先代よりシャープなデザインになったことも相まってずっと魅力が高まったと思います。

th_PA200429.jpg
正面から。ヘッドライトとグリル部分にはクリアパーツが使用されていて、とても凝ってる印象をうけます。

th_PA200430.jpg
後ろから。車名エンブレムはもちろん「zero emission」のエンブレムも再現されています。

th_PA200432.jpg
俯瞰して。ルーフのブルーがとても綺麗です。

th_PA200431.jpg
後部ドア開閉ギミック。

th_PA200433.jpg
裏から。1/63スケールです。

th_PA200419.jpg
パッケージ。

th_PA200420.jpg
もうひとつ初回特別カラーはグレー。

th_PA200438.jpg
実車で言うところの「ダークメタルグレー」ですね。通常品と違ってモノカラーです。

th_PA200440.jpg
こちらも渋くてなかなか素敵。

th_PA200441.jpg
ガンメタ好きな私にとっては魅力的ですが、トミカとしてはちょっと地味かも。

th_PA200442.jpg
正面。

th_PA200443.jpg
お尻。リアの青いアクセントカラーがさり気なくてグッド。

th_PA200444.jpg
後部ドア開閉。

th_PA210537.jpg
非常にわかりにくい写真で申し訳ないですが、初回特別仕様は左ハンドルになっています。見た目の地味さとは裏腹に決定的な違いが用意されていました。驚きです。

th_PA210536.jpg
比較用に通常品。こちらは右ハンドルです。

th_PA200445.jpg
裏から。

th_PA200434.jpg
th_PA200435.jpg
先代リーフのトミカと一緒に。先代は1/68スケールでやや小さい印象でしたが、今回はトミカらしく、ちょうどいいサイズ感です。

th_PA200436.jpg
th_PA200437.jpg
2015年の東京モーターショーに登場した「IDSコンセプト」と一緒に。この頃にはリーフのデザインが大まか決まっていたんですね。2年前にはまさかこれが市販化されるとは思っていませんでした。

th_20171020_104442.jpg
実車の写真も。

トミカ No.93 日産 リーフ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/63
ギミック:サスペンション/後部ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2017年10月
納 車 日 :2017年10月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。


参考情報元:Wikipedia『日産・リーフ』
(レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)




Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link