トミカ No.40 シボレー カマロ

ミニカー/シボレー
12 /16 2017
th_P1030240.jpg
トミカの今月の新車。2017年のラストはリラックマバスと、カマロでした。さっそくご紹介。

Sponsored Link

th_P1030173.jpg
2015年デビューの6代目カマロ。写真の撮りにくいブラックで登場です。

th_P1030174.jpg
今年公開された映画「トランスフォーマー/最後の騎士王」に登場したことでもおなじみのクルマ。通常品のモデルとなっているのは、「ZL1」と呼ばれるモデルで、6.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを搭載した、ハイパワーなカマロです。日本にはまだ正規導入されていないグレードのようです。そういえば先日ホットウィールでゲットしていました。

th_P1030176.jpg
黒いホイールが黒いボディによくマッチしています。

th_P1030180.jpg
前から。黒色ボディなのでわかりにくいですが、アグレッシブな造形のフロントマスクがしっかりと再現されています。

th_P1030179.jpg
シボレーエンブレムやZL1エンブレムがしっかり再現されているのがグッド。

th_P1030181.jpg
左右ドア開閉。

th_P1030182.jpg
膨らんだボンネットが迫力満点。ZL1のロゴも。

th_P1030184.jpg
リアスポイラーはボディ一体成型。とてもスポーティーな形状でかっこいい。

th_P1030185.jpg
左ハンドルです。

th_P1030186.jpg
裏から。

th_P1030172.jpg
パッケージ。

th_P1030229.jpg
そしてもうひとつ。初回特別仕様です。

th_P1030230.jpg
真っ赤なカラーを纏ったカマロは「SS」というグレードがモチーフ。なんと今回は通常品と金型違いです。

th_P1030231.jpg
ZL1よりおとなしいデザインになっていますが、これでも十分な迫力があります。

th_P1030232.jpg
前から。フロントエンブレムがゴールドで塗られているのがグッド。小さなワンポイントですがよく目立ちます。

th_P1030233.jpg
後ろから。左後ろには「SS」のエンブレム。

th_P1030234.jpg
俯瞰して。左右のドアが開閉します。

th_P1030235.jpg
裏から。

th_P1030227.jpg
パッケージ。

th_P1030236.jpg
th_P1030237.jpg
th_P1030238.jpg
th_P1030239.jpg
金型違いということで通常品と並べてみました。どちらがお好みでしょうか。

トミカ シボレー カマロ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/66
ギミック:サスペンション/左右ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2017年12月
納 車 日 :2017年12月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。

参考情報元:『シボレー・カマロZL1』- webCG / 『シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】』 - webCG
(レトロレトラでは参照資料の正確性は保証いたしません)




Sponsored Link


 
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link