Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

17

トミカ No.34 ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

th_P1040834.jpg
トミカの今月の新車をご紹介。まずは「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ」から。

Sponsored Link



th_P1040836.jpg
まずは通常品から。

th_P1040839.jpg
ランボルギーニのトミカは昨年2月に登場したチェンテナリオ以来1年ぶり。ガヤルドの後継車として登場した「ウラカン」の上級版「ペルフォルマンテ」です。Wikipedia先生曰く「ウラカン」は「ハリケーン」を意味する闘牛の名前、「ペルフォルマンテ」は「パフォーマンス」を意味するイタリア語だそうです。

th_P1040840.jpg
艶のないオレンジ色が美しい。つや消しカラーってやっぱり特別感がありますね。前後のタイヤサイズが違うことにも注目。

th_P1040841.jpg
正面から。特徴的なヘッドライトは印刷で上手に再現されています。個人的には目つきはアヴェンタドールよりウラカンの方が好みです。

th_P1040842.jpg
後ろから。よーく見るとテールランプも印刷で表現されているのがわかります。

th_P1040843.jpg
th_P1040844.jpg
俯瞰して。ペルフォルマンテについているリアウイングはカーボン製だそうです。

th_P1040845.jpg
エンジンルームを覗き見ることができます。ワクワクしますね。

th_P1040848.jpg
いい意味でトミカとは思えない地上高の低さ。とても良い出来だと思います。

th_P1040850.jpg
ランボルギーニエンブレム。

image 4
裏から。

th_P1040816.jpg
パッケージ。

th_P1040852.jpg
そして初回特別仕様。

th_P1040864.jpg
こちらは艶のあるイエローです。

th_P1040855.jpg
ホイールの色も初回特別仕様専用です。黒い足元も素敵。

th_P1040858.jpg
かっこいい! 黄色もオレンジも大好きな色なのでどちらも選べない...笑

th_P1040857.jpg
後ろから。

th_P1040859.jpg
th_P1040860.jpg
俯瞰して。

th_P1040817.jpg
パッケージ。

th_P1040821.jpg
ライセンスシール付き。

th_P1040865.jpg
今月のもう一台の新車・メルセデスベンツGクラスとツーショット。たまたま同じ縮尺でした。車高の差が面白い。

th_P1040868.jpg
th_IMG_1334.jpg
歴代のランボルギーニの初回特別カラーを。たくさん出ましたね。次はウルスかな?

ウラカンと入れ替えでALSOK現金輸送車が廃盤となります。

今月の新車のもう一台「メルセデスベンツ Gクラス」の記事はこちら
http://retroletra.com/blog-entry-3245.html

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/62
ギミック:サスペンション
入手状態:新品
発 売 日 :2018年2月
納 車 日 :2018年2月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link