Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

10

マルマン・モーターズ オリジナル トミカ 86デモカー

th_P1050122.jpg
北海道石狩市のチューニングショップ「マルマン・モーターズ」が独自に作成した、同社のデモカーのトミカを入手したのでご紹介します。86/BRZファンでは知らない人がいないんじゃないかというくらい、とっても有名な牛柄の86です。


Sponsored Link



th_P1050123.jpg
このトミカは2017年7月に北海道で開催された同社の10周年記念イベントで限定販売されたもので、当時情報を知りながら入手できないままになっていたものです。このたび、同社の看板猫「うし君」の一周忌を迎えるにあたって、公式Facebookページを通じて20台限定で再販されました。

th_P1050124.jpg
冒頭で「独自に作成した」という微妙な言い回しをしましたが、実はこのトミカはタカラトミーが関わって作られたものではない、いわゆる二次加工品です。私は二次加工品を基本的に収集対象としていませんが、デザインの権利者が自ら作成しているという点で多くの二次加工品とは性質が異なるので、これはまぁいいかなと例外的に入手しました。以前紹介したカロニャーゴ仕様のトミカ同様「通常品トミカを付属のシールでデコレーションする」という形式が取られています。これをレトロレトラで86トミカのカラバリとしてカウントすることはありません。

th_P1050127.jpg
ベースとなっているのは通常品No.86の白い86。後期型です。実車も同じく後期の顔をしていますが、実は前期に後期の顔を移植したものなんだそうです。

th_P1050126.jpg
リアのプレートがとってもオシャレ。

th_P1050129.jpg
th_P1050130.jpg
俯瞰すると牛柄のデザインがよくわかります。強烈な個性があってかっこいいですよね。

th_P1050131.jpg
説明書の指示に従って丁寧にステッカーをカッター等でカットすればドアを開閉させることが可能です。

th_P1050119.jpg
パッケージはこんな感じ。透明な袋に通常品のトミカとステッカーがセットにされています。

th_P1050120.jpg
貼り付ける前はこんな感じ。

th_P1050133.jpg
th_P1050134.jpg
カロニャーゴ86と一緒に。どちらもシールが細かすぎて骨が折れました。二度とやりたくない!笑  でもこういう実在のデモカーのトミカは面白いので好きです。また気になるものがあったら入手したいと思います。

実はマイカーで北海道まで行くのがこどもの頃からの私の夢だったりします。本当に行く機会があったら是非トミカを持って実車に会いに行きたいです。そのときはまんねんさんよろしくお願いします。

商品告知のFacebookページがこちら
https://www.facebook.com/hiromitsu.mannen/posts/1418818684913126

トヨタ 86

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/60
ギミック:サスペンション/左右ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2017年7月
納 車 日 :2018年3月
標準価格:2000円+tax
入手価格:2000円+tax
記事分類:入手記録/レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。




Sponsored Link