Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

29

写真の取り扱いについて。

retroletramain_2018032823251037a.png

レトロレトラで現在公開している記事は約2700件。1記事に5枚の写真があると仮定しても13500枚の画像をネットに公開していることになります。先日当ブログの写真の取り扱いについて考えを改めて表明する機会があったので、言うたびに内容が変わらないように、私自身の考えをまとめておきます。

念のため補足しておきますが、以下にあることは一般論ではなく、retroletra.com・@tadatchi・@retroletraに限っての話ですので、他の方の著作物を取り扱うときはご注意ください。

Sponsored Link


前提として

作品を創作したひとが、自分の作品を許可なく他人に利用されない権利を「著作権」といいます。著作権が発生する代表的な例として絵や写真や音楽などが挙げられます。これはあらゆる作品に対して特別な登録を必要とせずに発生する権利で、作品の巧拙は問われません。ということで、当ブログに掲載されている写真もすべてが著作権保護の対象となります。

著作物は法律上許容された例外以外の目的で、権利者の許諾がないまま使用することはできません。例外にあたる規定は複数ありますが、代表的なものとしては「私的利用」「適切な引用」「教育目的での使用」等があります。

(※法解釈については筆者の専門外ですので、詳細はご自身でご確認いただくか、専門家に相談してください)



レトロレトラの基本的な考え

著作権の放棄はしません。公開している写真は白背景でセンスと面白みのない写真が大半を占めていますが、それでも私が、私のブログのために、私の時間を使って撮った写真ですので、私が損するような目的には使われたくありません。

「レトロレトラに直接アクセスして写真を楽しんでいただく」ことが原則で、それ以外の目的での使用は想定していません。転載防止と、転載された場合の出典を明確にするため、2015年12月19日以降に公開している記事のすべての写真には署名を挿入しています。

もちろん言うまでもなく、著作権法の例外として認められた使用はなんら問題ありません。ご自由にどうぞ。


とはいえ「全部ダメダメ、転載を見つけたら絶対に許さない!」という強い姿勢を見せるとレトロレトラが近づきにくい存在になってしまうと思うので、慣習上黙認している(特に問題視していない)パターンもいくつか存在しています。具体例を次に紹介します。



黙認するケース
→積極的に使用を推奨しているわけではありませんが、私が損した気分にならないものはあまり気にしません。

・私的な利用の範疇にとどまる(と私がみなせる)とき

(例1) 「このミニカーを探しています。持っている人いませんか?」とツイートするために添付する。
(例2) 「このトミカは中国製とベトナム製で金型が違うんだよ。この比較写真がわかりやすいね」と適切な参考資料としてリプライに添付する。
(例3) 「子どもの時お気に入りだったトミカこれだったなぁ〜」と自分語りをする。



怒っちゃうケース
→私が損した気分になるものに対してはしかめっ面をします。

・不当に権利を主張したとき/転載の必要性が認められないとき

(例1) 「新旧ハチロクを並べて撮ってみました。かっこいいと思ったらRTしてください!」などと、あたかも自分で撮ったかのように騙って写真を投稿する。
(例2) レトロレトラの写真を使って名刺を作成して配りまくる。
(例3) インスタでイイネをもらいたいがために転載する。
(例4) 実車についての解説記事なのに、記事の間にレトロレトラのトミカの写真を使用する。
(例5) SNSのアイコンとして使用する。


・写真が転載者に利益をもたらすとき

(例1) ヤフオクやメルカリに出品するための商品画像として使用する。
(例2) レトロレトラの写真を使ってミニカー図鑑を作って販売する。
(例3) 店頭のPOPや広告等の宣伝に使用する。


・中の人やレトロレトラに影響を与えるとき

(例1) アダルトサイトのヘッダーとして使用する。
(例2) 「センスのない写真」の代表例として一般的な批評の範囲を超えて公開する。
(例3) 画像の出典を聞かれても絶対に答えない。
(例4) 写真を使って勝手に大喜利をしてスベり続ける。
(例5) レトロレトラと直接競合するブログやまとめサイトへ転載する。


・第三者を傷つける目的で使用するとき

(例1) A国製ミニカーの写真を使用して「A国人の仕事は雑だ!なまけものだからだ!」などとヘイトを吐く。
(例2) 「オーナーのセンスを疑う車ランキング」を作成し、解説にレトロレトラの写真を転載する。


・加工を施すとき

(例1) 写真に挿入しているレトロレトラのロゴを塗りつぶしで消す。
(例2) 写真に挿入しているレトロレトラのロゴをトリミングして隠す。
(例3) モノクロにする。ボカしをかける。おしゃれなフィルターをかける。
(例4) 図や文字を書き足す。合成する。変形させる。



お願い

黙認するとはいえ、SNS等へ転載する際は「写真はレトロレトラからお借りしました」とか「http://retroletra.com/blog-entry-XXXXX より」とか、写真の出典をはっきりさせる一文を添えていただけると嬉しいです。これは単純にブログの宣伝にも繋がるし、「著作権を軽視してるわけじゃないよ」感も出るのでwin-winな関係になれるかなと思うからです。私がエゴサーチで見つけやすいからでもあります。



迷ったらご相談を

「こんな目的で使いたいけど、中の人は怒るだろうか」と判断に迷った場合は気軽に相談してください。過去には直接ご相談いただいて、地方で配布される冊子やブログメディアに写真を提供した実績もあります。「無断ではやめてね」という話なので、営利目的でもひどい話でなければオッケーできる場合があります。メールフォームまたはTwitterでご連絡ください。



気づいたら教えてください

「こんなところで出典の書かれていないレトロレトラの写真を見つけた!」ということがあれば、どんなことでも情報提供いただけるとありがたいです。上記のガイドラインに沿ってジャッジして、ダメなときは適正に対応します。過去にも情報提供のおかげでメルカリの出品を取り下げてもらったり、店頭からポップを撤去してもらったことがあります。こちらもメールフォームまたはTwitterでご連絡ください。




レトロレトラの写真以外に関する基本的な方針は『このブログについて』という記事にまとめてあります。面白い記事でもなんでもありませんが、レトロレトラやtadatchiのことをもっと知りたいと思った方は合わせて目を通していただければと思います。

今後ともレトロレトラをよろしくお願いします。



Sponsored Link