Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

16

トミカ No.58 ホンダ シビック TYPE R

th_P1070558.jpg
トミカの今月の新車をご紹介。まずはみんな注目しているに違いない「シビック TYPE R」から。


Sponsored Link



th_P1070547.jpg
シビック TYPE Rは言わずとしれたホンダの大人気スポーツカー。今回トミカに登場したのは昨年9月に発売になったばかりの最新型シビック TYPE R(FK8)です。日本で台数限定ではないシビックTYPE Rが販売されるのは2010年に生産終了になったFD2型以来のことです。

th_P1070548.jpg
通常品はTYPE Rの伝統カラー「チャンピオンシップホワイト」をまとって登場。この車種にこのカラーの組み合わせは文句の付け所がないでしょう。

th_P1070549.jpg
ニュルブルクリンクでのタイムは7分43秒80と、FF車としてはトップクラスのタイムを記録しています。TYPE Rの名に恥じないクルマですね。ちなみに車幅は1875mm。なんとレクサス RC Fよりもでかいんです。

th_P1070550.jpg
正面から。人気車種になること間違いなしだからか、かなりトミカの仕上がりも気合が入っています。しっかり塗り分けられたグリル、赤いエンブレム、綺麗なクリアパーツのヘッドライト。どこを見ても完璧です。

th_P1070551.jpg
後ろから。リアコンビネーションランプの再現がとっても素晴らしい。赤いRの目立つエンブレムも素敵ですね。

th_P1070556.jpg
ホイールには赤いアクセントカラー。

th_P1070554.jpg
下部のカーボンと赤いストライプの再現もお見事です。

th_P1070555.jpg
大きなリアスポイラーもかっこいい。

th_P1070552.jpg
th_P1070553.jpg
俯瞰して。開閉ギミックは備わっていませんが、そのぶんプロポーションはとてもよく仕上がっています。

th_P1070557.jpg
裏から。

th_P1070532.jpg
パッケージ。


th_P1070536.jpg
そしてもう一つ。初回特別仕様も同時発売しています。無事に手に入ってよかった。

th_P1070537.jpg
初回特別仕様はとっても鮮やかなレッド。実車でいう「フレームレッド」ですね。

th_P1070538.jpg
赤と黒の組み合わせが相性抜群です。これは非常に私好み。

th_P1070539.jpg
前から。とってもかっこいいです。 一度くらい運転してみたいなぁ。

th_P1070540.jpg
うしろから。赤ボディだと赤いホンダマークやTYPE Rエンブレムはあまり目立ちませんね。

th_P1070541.jpg
th_P1070542.jpg
俯瞰して。

th_P1070546.jpg
裏から。

th_P1070531.jpg
パッケージ。

th_P1070535.jpg
ホンダのライセンスマーク新しくなりました?

th_P1070544.jpg
th_P1070559.jpg
赤は売り切れ必至! どこかで見かけたら迷わずレジに持っていきましょう。笑 とっても魅力的な新車です。


ホンダ シビック TYPE R

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/64
ギミック:サスペンション
入手状態:新品
発 売 日 :2018年6月
納 車 日 :2018年6月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link