Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

26

マジョレット ホンダ シビック TYPE R

th_P1070681.jpg
今月発売のマジョレットの新作「ユーロ ホットカーズ セレクション」から新型のホンダ シビック TYPE Rをご紹介。シビックは日本初上陸のキャストです。出会えない時はなかなか出会えないマジョレットの新作ですが、今回はすぐにお目当てに出会うことができました。


Sponsored Link



th_P1070683.jpg
シビック TYPE Rは昨年9月に発売された話題のスポーツカーです。今月のトミカの新車もこれだったので、ミニカー界隈的にはいまホットなクルマの1つなのではないでしょうか。

th_P1070684.jpg
ホワイト・レッド・ブラックというTYPE Rの定番カラーでシンプルにまとめられた外観。チャンピオンシップホワイトにしては白すぎるかなといった印象があります。車高がなんとなく高い気がするのはマジョレットらしさでしょうか。

th_P1070685.jpg
前から。造形自体はそんなに悪くないと思いますが、ヘッドライト・グリル上部の黒塗り部分が大きすぎる気がします。赤エンブレムや、トミカでは塗装が省略されていたフォグランプまで再現されているのはグッド。

th_P1070693.jpg
後ろから。エンブレム類もしっかり再現されています。センター3本出しのマフラーがかっこいいですね。

th_P1070687.jpg
俯瞰して。ボンネットのダクトも塗られているのは芸が細かいなぁと感じます。

th_P1070688.jpg
リアウインドウにもクリアパーツが使われています。

th_P1070689.jpg
タイヤ&ホイールがとってもかっこいい。ゴムタイヤのように見えますが、全部プラ製です。

th_P1070690.jpg
th_P1070692.jpg
前後をちょっとアップで。

th_P1070694.jpg
左ハンドルです。

th_P1070695.jpg
嬉しい後部ドア開閉ギミックつき。

th_P1070696.jpg

th_P1070697.jpg
そんなに悪くないんだけど、トミカより先に発売されていたらもっと素敵に見えていたんだろうなぁと思います。ちょっとタイミングが悪かったかな。

th_P1070698.jpg
裏から。

th_P1070678.jpg
パッケージ。「ユーロ ホットカーズ セレクション」はリニューアル後のマジョレットの第二弾にあたります。シビックが「ユーロホットカー」なのかは議論の余地がありそうですが、現行TYPE Rはイギリス製らしいのでOKなんでしょう。

th_P1070679.jpg
自動車誌「LEVOLANT」とのコラボ商品のようです。

th_P1070680.jpg
いつものガムのほか、解説カードもついてきます。

th_P1070699.jpg
th_P1070700.jpg
th_P1070701.jpg
th_P1070702.jpg
トミカと一緒に。


ホンダ シビック TYPE R

メーカー:マジョレット
ブランド:
スケール:1/58
ギミック:サスペンション/後部ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2018年6月
納 車 日 :2018年6月
標準価格:420円+tax
入手価格:420円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link