Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

21

トミカ No.109 スズキ スイフトスポーツ

th_P1080080.jpg
トミカの今月の新車をご紹介。まずはスズキ スイフトスポーツから。



Sponsored Link




th_P1080081.jpg
今回登場したのは2017年デビューの4代目スイフトスポーツ。スイフトは2代目・3代目と歴代がトミカ化されています。先代はノーマルのスイフトだったので、「スイフトスポーツ」としてトミカに登場するのは2代目以来です。

th_P1080082.jpg
ボディカラーは「スイスポ」のトレードマークとも言える鮮やかな黄色。実車で言うところの「チャンピオンイエロー4」ですね。やっぱりこのクルマにこの色は欠かせません。

th_P1080083.jpg
最新のトレンドも取り入れつつも、2代目以降は大きく変わらないキープコンセプトのまま進化し続けているスイフトのシルエット。新型も一目でスイフトだとわかりますね。

タイヤは標準的なものを装備。スポーツモデルなのだから、ここはワイドタイヤでも良かった気がしなくもありません。

th_P1080084.jpg
前から。クリアパーツを使ったヘッドライトの再現がお見事です。ボディ下部がちゃんと黒く塗られているのも素晴らしい。

th_P1080085.jpg
後ろから。今回から初の3ナンバー化だそうです。

th_P1080088.jpg
後部ドア開閉ギミック。

th_P1080086.jpg
th_P1080087.jpg
俯瞰して。

th_P1080089.jpg
裏から。

th_P1080069.jpg
パッケージ。

th_P1080091.jpg
そしてもう一つ。初回特別仕様も同時発売です。

th_P1080092.jpg
赤いスイスポ。実車でいう「バーニングレッドパールメタリック」ですね。綺麗なメタリックレッド。

th_P1080093.jpg
これはこれでとてもよく似合っています。Wikipedia先生曰く、このレッドのみ欧州仕様に設定されていないんだそうです。

th_P1080094.jpg
前から。赤の方がクリアのライトが映えますね。

th_P1080095.jpg
後ろから。

th_P1080096.jpg
th_P1080097.jpg
数少ない新車で買えるMT車のひとつ。全く同じクラスのクルマではありませんが、うちの86とライバル車種といっても異論を唱える人は少ないんじゃないかなぁと思います。ライバルがいないと盛り上がらないですからね。

th_P1080098.jpg
裏から。

th_P1080071.jpg
パッケージ。

th_P1080099.jpg
歴代スイフトのトミカを並べて。前述の通り真ん中(3代目)だけスポーツではありません。加えて縮尺もこれだけ1/64なのが惜しい。

th_P1080100.jpg
代を重ねても大きく変わらないってファンとしては嬉しいことですね。いっそのことプレミアムで初代スイフトだしてくれたらいいなぁ。


スズキ スイフトスポーツ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/60
ギミック:サスペンション/後部ドア開閉
入手状態:新品
発 売 日 :2018年7月
納 車 日 :2018年7月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link