Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

18

トミカ No.62 ラフェラーリ

th_P1090817.jpg
今日発売のトミカの今月の新車。ラフェラーリのご紹介。間違いなくトミカの(ミニカーの)歴史に残る重大な新商品です。



Sponsored Link




th_P1090818.jpg
私がわざわざ「歴史に残る重大な新商品」と大層なことを言ったのは、フェラーリのトミカが26年ぶりの登場だから。フェラーリ車は1999年にマテルが独占的にライセンスを取得してからミニカー化が難しくなり、トミカからも姿を消しました。言われて見ると確かに、メジャーな車の割にはミニカー少ないな? って思いますよね。ランボルギーニを筆頭に様々なスーパーカーを商品化しているトミカの担当者が、フェラーリを知らないわけがありません。様々な大人の事情を乗り越えてのフェラーリトミカ復活なのです。

th_P1090819.jpg
さて今回登場したのは「ラフェラーリ」は2013年に発表されたフェラーリのフラッグシップモデルで「エンツォフェラーリ」の実質的な後継モデルにあたる車です。「ラフェラーリ」の「ラ」はイタリア語の定冠詞「La」のことで英語に置き換えると「The」に近い意味を持つそうです。創業者の名前を使った「エンツォフェラーリ」を超えるネーミングは、もうこれしかなかったんでしょうね。

th_P1090820.jpg
フェラーリといえばやっぱりレッド。開閉ギミックがない代わりにプロポーションが非常によいトミカとなっています。よくみると前後のタイヤサイズが異なるようです。

th_P1090821.jpg
前から。ヘッドライトは当然クリアパーツで再現。ロアグリルもしっかり塗られています。

th_P1090843.jpg
LEDライトも再現されています。

th_P1090823.jpg
後ろから。よく見るとテールランプもクリアパーツが使われています。どの角度から見てもタカラトミーの気合いが伝わってくる仕上がりです。

th_P1090826.jpg
th_P1090825.jpg
俯瞰して。ルーフとボディのツートンの塗り分けが綺麗。ボンネットのダクトもしっかり塗られています。

th_P1090827.jpg
リアウインドウもクリアパーツ。エンジンルームを覗き見ることができます。

th_P1090830.jpg
th_P1090831.jpg
th_P1090832.jpg
随所のフェラーリエンブレムもしっかり印刷で再現されています。

th_P1090828.jpg
th_P1090829.jpg

th_P1090834.jpg
裏から。ライセンス情報が表示されています。

th_P1090812.jpg
パッケージ。前面にもフェラーリのシンボルが描かれています。

th_P1090816.jpg
上部にはライセンス表示。よく見ると「Produced under license of M.C.G.: Maisto and Bburago」の文字が見られます。現在マテルに代わってフェラーリと契約をしている「メイ・チョングループ」のライセンスのもとでトミカが実現したことが分かる一文です。きっと大変な交渉があったのでしょう。


th_P1090835.jpg
そしてもうひとつ。初回特別仕様のブラックも同時発売です。

th_P1090836.jpg
金型自体は通常品と同じものですが、色が違うと全く違った雰囲気になりますね。高級感のある高光沢なブラックです。

th_P1090837.jpg
これはこれですごくカッコいい! 通常品にレッド以外を選ぶわけにはいきませんから、初回特別仕様にちょうどいい色だと思います。黄色いフェラーリマークがよく目立ちます。

th_P1090838.jpg
一度だけ街中で見かけたことあるんですが、あまりの衝撃に、なんの反応もできませんでした。またどこかで出会いたいなぁ。

th_image_20180818133740b00.jpg
後ろから。

th_P1090841.jpg
th_P1090842.jpg
俯瞰して。

th_P1090815.jpg
パッケージ。

思っていたほど各通販サイトでの事前予約は混乱がなかったような気がします。私は無事に予約できたので入手できていますが、当日購入組は苦労するかも。読者の皆様が無事にゲットできることをお祈りします。

th_P1090844.jpg
ちなみに今日の通常品発売に合わせて、トミカ博で販売される「イベントモデル」にも「ラフェラーリ」が加わりました。まずは現在開催中(明日まで)の「トミカ博 in YOKOHAMA」から。イベントモデルとしての通し番号が振られているので横浜以外のトミカ博でも順次売られることになるかと思いますが、いち早く手に入れたいならパシフィコ横浜へ行くしかありません。

レトロレトラではさっそく白ラフェラーリのレビュー記事も公開しています。単なる色違いではありますが、お時間ある方はぜひあわせてチェックしてみてください。
http://retroletra.com/blog-entry-3455.html


th_P1090500.jpg
さらに今日から「トミカワールド!」シリーズ(旧トミカタウン・トミカシステム)から「フェラーリショールーム」も発売になりました。トミカシリーズで久々に出る車屋さんがフェラーリとは! 驚きです。こちらはまだ購入していないので、トミカ博で見た展示品の写真を載せておきます。


th_P1090864.jpg
さらにさらにフェラーリのトミカは今日から「トミカプレミアム」にも登場しています。車種はプレミアムらしく「フェラーリ テスタロッサ」です。こちらは通常品レッドに加えて「発売記念仕様」のホワイトも同時発売しています。テスタロッサの記事はこちら。
http://retroletra.com/blog-entry-3456.html


ラフェラーリ

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/62
ギミック:サスペンション
入手状態:新品
発 売 日 :2018年8月
納 車 日 :2018年8月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link