Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

23

トミカワールド! フェラーリショールーム

th_P1100077.jpg
フェラーリのトミカ各種と同時に発売に「トミカワールド!」の「トミカタウン」シリーズから「フェラーリショールーム」が発売になりました。クルマのおもちゃなのに、クルマ屋さんがなかなか商品化されないので、首を長くして待っていた方も多いのではないでしょうか。さっそく入手したのでご紹介します。



Sponsored Link




th_P1100078.jpg
最近再編されて「トミカワールド!」ブランドに統合されたトミカの大型玩具。「フェラーリショールーム」はその中の「トミカタウン」シリーズに分類されていて、さらにタウンの中の「クリエイティブ」というカテゴリに分けられているようです。正直よくわからない。笑 名前は変わりましたが、要は「トミカタウン ビルドシティ」の新作です。

th_P1100080.jpg
「クリエイティブ」「スタンダード」「エントリー」の3カテゴリの説明が載っていました。こういう表示があった方が、お子さまへのプレゼント選びの目安としてはいいかもしれません。

th_P1100081.jpg
箱の裏にフェラーリのライセンスマーク。

th_P1100082.jpg
さっそく開封。

th_P1100083.jpg
内容物はこんな感じ。文字に起こすと「ショールームボックス(×1)」「ルーフ看板(×1)」「透明ハーフボックス(×2)」「格子かべ(×1)」「看板(×1)」「大プレード(×1)」「プレート(×1)」「1/2プレート(×2)」「かべスロープ(×1)」「看板スロープ(×2)」「ラベルシート(×1)」「取扱説明書(×1)」「アンケート用紙(×1)」です。このパーツ数なら組み立ては簡単そうです。

th_P1100085.jpg
「クリエイティブ」なアイテムですから、パーツを組み替えたり足したりして自由にレイアウトが作れます。標準で3通りの作例が用意されており、作り方はイラスト入りの分かりやすい説明書が教えてくれます。

th_P1100088.jpg
シールを貼り付ける部分は4箇所。貼り損じ用にフェラーリマークのみ予備シールが付属しています。



image 10
まずは標準のレイアウト。

th_P1100107.jpg
裏から。

th_P1100090.jpg
ガラス張りの広いショールームと駐車場からなる最も分かりやすいスタイルのショールームです。

th_P1100091.jpg
飾るにも遊ぶにも嬉しいターンテーブルつきです。

th_P1100092.jpg
左右についたダイヤルをまわすと......

th_P1100093.jpg
th_P1100094.jpg
th_P1100095.jpg
ターンテーブルが360度回転します。

th_P1100096.jpg
ターンテーブル前面のクリアパネルが開閉するので、ここからトミカの入れ替えを簡単に行うことができます。

th_P1100097.jpg
パネルを開くとスロープとして機能します。よく考えられていますね。

th_P1100099.jpg
th_P1100100.jpg
手動でトミカを載せ替えすることも当然できますが、展示車の左右にある突起を指で押してあげると、ターンテーブルが傾斜してトミカが自動で発車します。

th_P1100101.jpg
右側にも屋内展示スペース。

th_P1100102.jpg
標準レイアウトだと側面が半開きなので、ここも簡単にトミカを入れ替えることができます。場合によってはパーツを別途入手することが必要ですが、もっと見栄えをよくするにはどうすればいいかと試行錯誤するのも面白そうです。

th_P1100106.jpg
裏手(向かって右側)にはスロープ。「組み立てる時にプレートの左右を間違えるとスロープがつかない」という罠があるので組み立ての際はご注意を。

th_P1100108.jpg
ぐんぐん登っていきましょう。

th_P1100110.jpg
屋上展示スペースとして楽しめます。



th_P1100111.jpg
続いて「モーターショー展示ブースタイプ」です。3つのレイアウトでは一番奥行きが必要な構成です。

th_P1100114.jpg
建物のキットなのに、そのパーツを使って建物以外を作れてしまうという、このシリーズの自由度の高さを物語る作例です。たしかにモーターショーいくとこんな感じな気がします。

th_P1100115.jpg
裏から。

th_P1100113.jpg
奥には大型モニター。これ実はさっき登場したスロープの裏側を活用しています。「かべスロープ」という変わったパーツ名にも納得がいきますね。



th_P1100116.jpg
最後にこれ。「横長店舗タイプ」です。奥行きが少ない代わりに、横に大きくスペースを取る構成です。

th_P1100119.jpg
裏から。

th_P1100117.jpg
ここでも「かべスロープ」が活躍しています。

th_P1100118.jpg
屋内スペースにはテスタロッサを置いてみました。

組み合わせ次第で遊び方は無限大。パーツさえあれば2階建てにしたり、大きな駐車場をつけてみたり、渡り廊下を作ってみたりと色々なフェラーリショールームが作れそうです。Twitterで素敵な作例を紹介していたシマシマさん( @shimashima0088 )の許可をいただいたので以下に引用します。






すごいのを見ると真似したくなってしましますね。L字にフロアが曲がっている部分とかすごくツボです。親子で試行錯誤しながら作っていくのも楽しいに違いありません。


th_P1100086.jpg
フェラーリのシールを貼らなければ他のメーカーのショールームという設定で遊ぶこともできますね。GR Garageの看板は黒だろ! と各所にツッコまれそうですが、GR Garageっぽくトミカを並べてみたり。パーツ自体にフェラーリ固有の要素はないようなので、他のメーカー版を作ることも可能なはず。正規バリエーションが増えてくれたらもっと楽しくなるだろうなと思います。

価格は2500円(税抜)。全国のおもちゃ屋さんで購入できます。



Sponsored Link