Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

02

メガネを新調しました。

th_P1100412.jpg
裸眼視力がとても悪く、メガネやコンタクトレンズがないと何もできない私。買ってから最近まで6年近くしぶとく使い続けていたメガネが、フレームの経年劣化によって真ん中で綺麗に折れてしまい、ついに使い物にならなくなってしまいました。長く使ううちに視力が落ちていて、既に運転に支障が出るほど(※運転時は常時コンタクト)に度数が合わなくなっていたので、よい機会だと思って久しぶりに眼鏡を新調することにしました。



Sponsored Link




th_P1100413.jpg
今回もこれまで使ってたメガネ同様にJINS(J!NS)で購入しました。「スリムアセテート」というフレームのネイビーをセレクト。品番でいうと「MCF-16A-204」というモデルです。

th_P1100414.jpg
左側のテンプルにはJINSロゴ。

th_P1100421.jpg
右側には型番が印字されています。

th_P1100417.jpg
深みのある美しいクリアブルー。いい色です。

th_P1100418.jpg
鼻パッド部分は調整の効かない一体型。実用面で困ることはなさそうですが、ここは好みが分かれそうです。

th_P1100419.jpg
耳にかける部分を「モダン」と呼ぶそうです。ここは私の顔の形に合わせて微調整されています。作業の様子を覗き見させてもらいましたが、熱を加えて手作業で調整していくんですね。

th_P1100423.jpg
これまで使っていたメガネはブルーライト対策ができる「JINS PC」というレンズを入れていましたが、今回は予算の都合で通常クリアの非球面レンズにしました。屈折率は1.67です。「JINS PC」の後継モデルである「JINS SCREEN」はプラス5000円で選択することができます。当然有償になりますが、後からレンズを入れ替えることも可能だそうなので、油田を掘り当てたらレンズを変えようと思います。

th_P1100425.jpg
度数の設定はこんな感じ。矯正視力が0.8になるようにセッティングしてあります。私の裸眼視力は0.05未満だそうですが、お店ではそれ以上の数値を調べられないとのこと。一度興味あるのでどこかで正確な測定してみたい。

th_P1100426.jpg
真ん中で綺麗に折れた先代メガネ。踏んだわけでもなく、突然ポロっと静かに折れました。瞬間接着剤やテープでの補修を何度かしましたが、さすがに限界があります。

th_P1100427.jpg
レンズ自体もボロボロでした。屋内にいる時はあまり気にならないけど、外にいる時はレンズの傷が視界を邪魔するんですよね。

th_P1100428.jpg
傷ひとつない新品のレンズ。とっても視界がクリアで気持ちいいです。

th_P1100429.jpg
メガネ購入時にもらえるメガネケース。赤と黒から選べたので、赤をセレクト。

th_P1100411.jpg
赤と黒の組み合わせが刺激的ですね。

標準レンズならフレームとレンズ合わせて5000円+税。料金形態がわかりやすいのもJINSの魅力です。

メガネが壊れて以来しばらく続いた不便な生活がようやく終わりました。パソコンを目に近づけて使ったり、iPhoneのカメラをメガネがわりにする必要がなくなりました。なんて幸せなことでしょうか。ありがたみを感じながら、大事に使っていこうと思います。


Sponsored Link