Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

04

1/24スケール トヨタ 86 (tadatchi 86Style 2018参戦仕様)

th_P1100434.jpg
s206さんに制作を依頼していた1/24スケール86がついに納車されたので早速ご紹介します。皆様お気付きの通り、これは私の愛車の86を再現したもの。言うなれば「tadatchiエディション」です。タイトルはそれっぽく「86Style 2018参戦仕様」としました。



Sponsored Link




th_P1100433.jpg
私の86はオレンジメタリックのC型(前期型)86のGTです。タミヤの前期86キットをベースに「C1 Models」のエアロキットを組み合わせることで、最近取り付けたエアロパーツも再現することに成功しています。オーナーとして参加する初めての「86Style」に間に合うように作った仕様ですので、今後ほかのパーツが増えていったとしても、この「86Style 2018参戦仕様」は私にとって特別な仕様であり続けると思います。

th_P1100436.jpg
ミニカーが大好きな人が、大好きなクルマの実車を納車すると、次にやることはやっぱり愛車のミニカー化ですよね。実は86を納車する前から構想があった愛車86ミニチュア化計画。自力で作るセンスと技術はないので、s206さんが快く制作を引き受けてくださったおかげで実現しました。

th_image 16
この86についているエアロは「オートストラリアエアロ」や「ニュルエアロ」などの名前で知られるトヨタ純正品。本来は「GT エアロパッケージ」というモデル末期に発売された特別仕様車にしかついていないものなので、純正品の割にはあまり見かけないエアロです。モデリスタエアロと最後まで迷いましたが、最後の決め手はこのエアロならミニチュア化が可能だったこと。とても私らしい理由だと思います。

th_P1100447.jpg
後ろから。お尻の形が好きなのであえてウイングレス仕様にしたのだけど、最近みんなに「ウイングつけないの?」って聞かれます。サマージャンボが当たったら気になっていたROWENのウイングでも買おうかなと思っていましたが、今回は300円しか当たらなかったのでウイングがつくのはまだまだ先になりそうです。無ければ無いで私は気に入っているんですけどね。見た目の迫力たっぷりなフジツボマフラーも再現されています。

th_P1100488.jpg
th_P1100489.jpg
th_P1100490.jpg
前述の通り「C1 Models Nur-Spec Toyota GT86」のエアロキットが使用されています。エアロパーツは実車同様に前後左右に取付。C1 Modelsのキット自体はリップスポイラーとフロントバンパーが一体成型されているので、本来はバンパーごと移植すれば済むようになっているのですが、今回は見た目の良さを追求し「C1 Modelsのエアロ付きバンパーからエアロ部分だけを切り離してタミヤのバンパーと組み合わせる」という非常に手の込んだプロセスを経て取り付けられています。職人技ですね。

th_P1100456.jpg
エアロ装着と同時に取り付けた、こだわりの「GR」専用トヨタエンブレムも再現していただきました。

th_P1100459.jpg
リアも勿論GR用トヨタエンブレムつき。他にGRアルミテープ・「TOYOTA」エンブレム・バックカメラも私の86同様に取り付けられています。公開するのが憚られるので写真を加工してしまっていますが、ナンバープレートも忘れず再現されています。

th_P1100461.jpg
純正オプションのエアロスタビライジングフィン。新規で作成していただきました。

th_P1100462.jpg
ルーフにはフィンタイプのアンテナ。これはC型以降の86の特徴なので、A型仕様であるタミヤのキットを単に組み立てただけでは再現できないポイントです。アンテナの形が違うだけでもかなり印象が変わりますね。

th_P1100466.jpg
ブルーミラーも再現。

th_P1100465.jpg
ホイールは実車同様に純正のものを装着。塗り分けがお見事です。

th_P1100448.jpg
th_P1100449.jpg
上から。

th_P1100470.jpg
th_P1100476.jpg
内装色は赤。86の定番内装のように思われがちですが、この「上級ファブリックB(レッド)」というこの内装色はメーカーオプションなので、わざわざ指定しないとついてこない内装なんです。

th_P1100475.jpg
運転席周りの特徴的な塗り分けも再現。手に触れる部分だけを赤く塗ったデザインで「機能配色」と呼ばれるそうです。

th_P1100473.jpg
エアコン部分のオレンジ色のリングも。

th_P1100474.jpg
よく見ると車内には白いiPhoneが! 普段本当にここにiPhoneを置いています。まさに私仕様ですね。

裏も丁寧に塗り分けていただきました。


th_P1100478.jpg
th_P1100480.jpg
とってもかっこいい。やっぱり自分のクルマのミニカーって最高ですね。現時点で310種類以上の86/BRZミニカーを所有していますが、当然ながらこれ以上に私好みの86ミニカーはありません。

th_image 14
th_image 13
実は以前にもs206さんに86のプラモデルを作っていただいたことがあります。以前作っていただいた「未来の愛車仕様」と「現在の愛車仕様」のツーショットを。後期を買う気満々だった時期もありますが、納車してみてやっぱり前期が好きだなと思うこの頃です。

最後に実車の写真と一緒に。
th_IMG_7229.jpg
th_P1100481.jpg
th_IMG_7230.jpg
th_P1100482.jpg
th_7583889920_IMG_0591.jpg
th_P1100483.jpg
実車と見比べると再現度の高さがよくわかりますね。色が違って見えますが、これは実車の写真の陽当たりが良すぎる故のものです。オーナーの目からして違和感なくオレンジメタリックの色味が再現されています。





この作品の制作過程はs206さんがTwitterモーメントにまとめてくださっています。
https://twitter.com/i/moments/1029585337499017216
素敵な86を本当にありがとうございました! 無茶なリクエストにも答えていただいて嬉しかったです。大切にします。

s206さんの素敵な作品の数々はブログ「s206のカーモデルガレージ」で見ることができます。ぜひチェックしてみてください。




Sponsored Link