Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

18

AirPodsを買いました。

th_P1100947.jpg
今まで使っていたBluetoothイヤホンを不注意で通勤中に紛失してしまったので、これを機にと思い切ってAirPodsを買ってみました。ご存知の通りApple純正のワイヤレスイヤホンです。



Sponsored Link




th_P1100948.jpg
白くて四角い高級感のある箱。アップル製品らしいですね。

th_P1100949.jpg
背面。

th_P1100950.jpg
AirPodsが発表されたのはiPhone 7と同時。発売当初は入手困難なアイテムでしたが、いまではもういつでも買えちゃいます。新型が出る噂もちらほら聞きますが、そんなこと言い出したらいつまでも買い時がないので思い立ったときに買うのが一番です。

th_P1100951.jpg
ぱかっと開くと、Designed by Apple in California。

th_P1100952.jpg
その下からAirPodsが姿を現します。

th_P1100953.jpg
さらにその下にケーブルが隠れています。「Apple製品はアクセサリが隠されている」という予備知識がなければ見落としてしまいそうです。

th_P1100954.jpg
付属するケーブルはLightning。他に持っているケーブルがあるので、とりあえずこれは使わないまま残しておくことにします。

th_P1100955.jpg
付属の説明書類。

th_P1100957.jpg
ガイドは分かりやすいイラスト入り。

th_P1100958.jpg
まずはAirPodsの充電ケースから。

th_P1100959.jpg
真っ白で丸っこいカプセル型のケースです。iPhone 3GSの頃の周辺機器を思い出す質感です。

th_P1100960.jpg
th_P1100961.jpg
背面にはDesigned by Apple in California Assembled in Chinaの文字と、小さな丸いボタン。

th_P1100962.jpg
底面にLightningケーブルを差し込むことで、AirPodsをケースごと充電できます。

th_P1100964.jpg
ぱかっと開くとAirPodsが顔を出します。

th_P1100965.jpg
AirPodsの間に小さなランプ。このランプの色や点滅で充電状況や接続状態を判断できます。

th_P1100966.jpg
ケースの中のAirPodsはマグネットで正しい場所にぴったりと固定されるので、ケースの蓋が開いた状態で逆さにしてもAirPodsが落下してしまうことはありません。

th_P1100967.jpg
AirPodsを抜くとこんな感じ。

th_P1100974.jpg
AirPods本体。

th_P1100975.jpg
iPhoneに標準で付属する純正イヤホン「EarPods」から線を取っただけ。といった感じのシンプルなデザイン。

th_P1100976.jpg
th_P1100977.jpg
好みが分かれそうですが、この宇宙船のような不思議なデザインが私は大好きです。

th_P1100978.jpg
th_P1100979.jpg
th_P1100980.jpg

th_P1100969.jpg
接続はとっても簡単。iPhoneの近くでケースの蓋をあけるだけ。複雑な初期設定も不要です。iPhoneが反応して画面上に接続画面が表示されます。

th_P1100971.jpg
数回タッチするだけで初期の接続が完了します。ケースと本体のバッテリー残量が表示されました。

th_P1100972.jpg
Bluetoothの設定画面からAirPodsが接続されていることが確認できます。

th_P1100973.jpg
もちろんバッテリー残量はiPhoneからいつでも確認できます。

th_P1100989.jpg
1つのiPhoneからペアリングすると、同じAppleIDに紐づいているすべてのAppleデバイスと簡単に接続することができるようになります。Apple製品をたくさん使っていればいるほど恩恵を受けられる機能です。

th_P1100985.jpg
ミュージック再生。画面にはAirPodsに接続されていることが明確に表示されます。音質に無頓着な私が多くを語るのは憚れますが、通勤中や作業BGMとして音楽を楽しむには十分すぎるかなと思います。EarPods同様に耳が全く塞がれないタイプです。私の音量設定では音漏れの心配はなさそうですが、外の音がはっきり聞こえます。イヤホンは密閉されなければ嫌だ! という方には絶対お勧めできません。

th_P1100988.jpg
もちろん手動で本体スピーカーからの出力と切り替えることができます。

th_P1100984.jpg
Bluetoothの設定画面からAirPodsの詳細設定を操作できます。耳に入れたAirPodsをすばやく2回叩くとSiriを呼び出したり再生停止を切り替えたり、電話の着信をとったりすることができます。


th_P1100981.jpg
紛失などの「もしも」の時のための機能も用意されています。iCloudの「iPhoneを探す」アプリを使って、オンラインのデバイスと接続されている状態であれば現在地を、オフラインの場合は最後にオンラインだった場所を探すことができます。(写真ではあえて広域で表示しています)

th_P1100982.jpg
大まかな場所をマップで特定したら、iCloud経由でAirPodsから大音量のサウンドを流して発見することができます。拾得した人が万が一耳に入れていたことを想定しての配慮なのか、少しず音量が大きくなるように設計されています。この機能を使えば部屋の中で見失ってしまっても見つけることができるでしょう。それでもどうしても見つからない時は有償(7800円)で左右単品のAirPodsを再購入できるようになっています。

th_P1100993.jpg
Siriや自動接続などApple特有の一部の機能が使えない制約はありますが、一般的なイヤホンとしてはApple製品以外とも接続して使用できます。写真はGalaxy S8と。蓋を開けた時の自動接続が使えない時のためにケース背面の接続ボタンがあります。

th_P1100994.jpg
アップルによるとAirPodsには連続5時間の音楽再生が可能なバッテリーが搭載されています。さらに付属のケースがバッテリーとしての機能を有しているので、使用しない時にケースに戻すことで再びAirPodsが充電され、最大で24時間の連続音楽再生が可能になります。充電ケースでの充電なら15分で3時間の音楽再生が可能とのことです。

さらにもしケースの電池が切れてしまってもiPhone用に持ち歩いているモバイルバッテリーとケーブルで充電できるので「イヤホンの電池が切れて帰り道は音楽なし」みたいな悲しいことにはならないで済みそうです。ズボラな私も安心です。

th_P1100992.jpg
iPhoneとApple WatchとAirPods。全部ワイヤレスで繋がっています。Apple WatchはMacBookの鍵にもなっているし、それらすべてiCloudで連携もされているし。アップル製品は買えば買うほど、全部が連携していくので離れられなくなってしまいますね。イヤホンジャックが真っ先に廃止されたiPhoneですが、今年のモデルからLightning→イヤホンジャック変換のアダプタが同封されなくなるそうです。これからますますワイヤレスイヤホンの需要が高まっていくことでしょう。

今週末には我が家にもXSがやってくる予定。AirPodsと組み合わせて使うのが楽しみです。

価格は16800円+tax。Apple Storeはもちろん、全国の家電量販店等でも気軽に購入できます。



Sponsored Link