Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

22

iPhone XSを購入しました。

th_P1100997.jpg
昨日発売になったiPhoneの最新モデル「iPhone XS」を昨日無事に発売日ゲットできました。当日朝になってソフトバンクから「荷物増大で配送に遅れているので22日午前になるかもしれない」旨のメールが届いてヒヤヒヤしましたが、今年も昨年同様に佐川急便さんが頑張ってくれました。

せっかくゲットしたので写真でご紹介。中身が特にない記事なので、詳しい専門的なレビューは詳しい専門的なサイトを参考にしてください。



Sponsored Link




th_P1100999.jpg
今回購入したのは以前ご報告した通り、iPhone XS・シルバー・256GBモデルです。

th_P1110001.jpg
ぱかっと開封。

th_P1110002.jpg
箱の中身はこんな感じ。iPhone本体、EarPods、Lightningケーブル・ACアダプタ・SIMピンといつもの紙類。イヤホンジャックが廃止された7以降には同封されていた、非Lightningのイヤホンを利用するための変換アダプタ(Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ)は今回から付属しないようです。

th_P1110006.jpg

th_P1110011.jpg
iPhone XS本体。

th_P1110013.jpg
th_P1110014.jpg
XSはXの正常進化モデルですから、Xの基本デザインを踏襲しています。鏡面仕様のステンレススチール製フレームがキラリと輝いています。

th_P1110016.jpg
底面にはスピーカーとマイク。XSは左底部にアンテナラインが追加されています。このラインの有無でXと容易に見分けることができます。アンテナの都合で穴の数が左右非対称になってしまっているのはデザイン上の残念ポイントです。

th_P1110018.jpg
上部はフラット。

th_P1110020.jpg
左側はこれまで通り音量とマナーモードのスイッチ。

th_P1110021.jpg
右側には「サイドボタン」とSIMスロット。ホームボタンがないX系のiPhoneではこのボタンは電源以外にSiriやApplePayを呼び出す時にも使用します。

th_P1110022.jpg
賛否両論のノッチつきデザイン。当然ながら画面が消えていると全く目立ちません。

th_P1110023.jpg
背面。

th_IMG_7828.jpg
シルバーのXS。背面はホワイト系のガラス仕上げです。

th_P1110062.jpg
X同様デュアルカメラを搭載。これでカメラ1つだけのiPhoneとは異なる、独特のボケ味のある写真を撮ることができるようになります。

th_P1110009.jpg

th_P1110063.jpg
今回も「総務省指定」の文字はありませんでした。笑

th_P1110026.jpg
th_P1110029.jpg
iOS11以降を搭載したiPhoneからの機種変更は今まで以上に簡単になっていました。AppleWatchをペアリングするときのようにして、新iPhoneの画面上に表示された模様を旧iPhoneのカメラで撮影するだけでAppleID等々の設定が自動で引き継がれるようです。新旧iPhoneが紐づくと旧iPhoneのバックアップが自動的にiCloudに作成され、完了と同時に新iPhoneに引き継がれます。これなら今まで以上に最新のバックアップを使って新iPhoneをセットアップできますね。

th_P1110044.jpg
th_P1110047.jpg
セットアップが完了したiPhoneXS。今回のデフォルト壁紙は真っ暗な宇宙に浮かんだ惑星の写真。ちなみにLive壁紙です。XS専用の壁紙のようで、iOS12にアップデートしたiPhone 8には表示されませんでした。Xはどうなのかな?

th_P1110045.jpg
ノッチに干渉しないギリギリを通るようにデザインされたこの壁紙。惑星の部分以外は真っ黒なのでうまい具合にノッチが隠れ、綺麗なフルスクリーンであるかのような錯覚に陥ります。これを広告に使うAppleのやり方は些か反則な気がしますが、実際にユーザー自身が好んで使うなら、かなり見栄えのいい壁紙になると思います。有機ELディスプレイは黒が綺麗ですね。

th_P1110048.jpg
廃止されたホームボタン。一度慣れるとすべてジェスチャーで操作できるので快適です。昨年8買った時もデザインはXが好きだと思っていた私にとっては今回のXS購入で一番ワクワクしているポイントです。

th_P1110050.jpg
快適なFace ID。顔を向けるとロックが開きます。思っていた以上に広い角度で認識してくれました。メガネをかけても大丈夫でした。マスクはダメ(苦手)らしいですが、基本的にマスクが嫌いな人なので個人的には問題なし。風邪を引いた時だけ我慢することにします。


th_P1110052.jpg
1年使ってきたiPhone 8と一緒に。本体サイズ自体はそこまで大きく変わっていないことがわかります。

th_P1110055.jpg
レトロレトラの記事を開くとこんな感じ。ベゼルの領域が少ない分、一度に表示できる情報量が全然違いますね。

th_P1110056.jpg
厚みの比較。8が7.3mm、XSが7.7mm。微妙ながらXSの方が厚いです。この写真は両方とも保護ガラスを貼ってあります。

th_P1110057.jpg
重量は8が148g、XSが177g。この重さの差は持ってわかるレベルかもしれません。なかなか重厚感のあるiPhoneです。

th_P1110059.jpg
ホームボタンがない姿は新鮮。

th_P1110060.jpg
カメラが2つ。

th_P1110064.jpg
ずっと黒白を交互で買ってきた私ですが、今回は迷わずにシルバーを選択。好みで決めるのが一番ですね。

th_P1110065.jpg
背面ガラス。今回も「ホワイト」ではなく「シルバー」モデルなので、純白ではない独特の白です。8とほぼ同じ見た目ですが、若干XSの方が赤みのあるホワイトかな?


th_P1110078.jpg
せっかくなので初代iPhone(2G/日本未発売)とも記念撮影。

th_P1110080.jpg
大きく育ちましたね。初代からずっと守ってきたホームボタンつきのiPhoneのデザインが今回(厳密にはX)ついに終わり、これからの新しいiPhoneの姿が示されました。次の10年がどうなるのか、今から楽しみです。スマホ自体が時代遅れのアイテムになる時も来るのかな。

th_P1110083.jpg
キラリと輝くベゼルは初代iPhoneに通ずるものがあります。

th_P1110086.jpg
林檎マーク、左上のカメラ、底部に「iPhone」からなる背面デザインはずっと変わっていません。

th_P1110088.jpg
先日買ったAirPodsとも一緒に。


IMG_7806.jpg
XSのポートレートモードで撮影した86。2つのカメラを生かした機能で、うまい具合に背景がボケているのがわかります。背景がボケるだけで印象がかなり変わりますね。「映え」がきになるこの時代には嬉しい機能です。

IMGXS.jpgIMG_0020.jpg
左がXSで撮った86。右が初代で撮った86。同じ場所でカメラを構えて撮影しました。全然違いますね。


th_IMG_7792.jpg
楽しみにしていた新型iPhone。今回も無事にゲットできてよかった。今回も大切に使っていきたいと思います。

Sponsored Link