Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

12

Bestand TI-Mingle 3in1 QI Charging Stand

th_P1110985.jpg
iPhoneとApple WatchとAirPodsをまとめて充電できるスタンドが欲しいなと色々探していましたが、デザインが気に入ったものがあったので購入してみました。Bestandの「TI-Mingle 3in1 QI Charging Stand」というアイテムです。



Sponsored Link



th_P1110949.jpg
th_P1110950.jpg
とても個性的なデザインのパッケージ。

th_P1110951.jpg
パッケージを読み解く限り米国発のブランドのようですが、日本語の表示も見られました。

th_P1110952.jpg
商品情報を見るためのQRコードが印刷されているのは意外と便利。

th_P1110953.jpg
箱に貼ってある商品写真のシールはパッケージの封印を兼ねているので、一度開封すると完全に元の姿に戻すことはできません。

th_P1110957.jpg
開封。内容物はこんな感じ。スタンド本体のほか、microUSBケーブルとケーブル類をまとめるのに便利な小物3点が付属します。説明書類は全くありませんでした。

th_P1110958.jpg
スタンド本体。シルバーとグレーがラインナップされていますが、今回はグレーをセレクト。MacBookなどのスペースグレーに近い色合いとなっています。

th_P1110960.jpg
商品名にもあるように、ワイヤレス充電「Qi」に対応しています。

th_P1110959.jpg
背面。金属の質感や色合いは他のアップル製品との相性バッチリです。

th_P1110962.jpg
iMacのスタンド部分のようなデザイン。当然ながら使用中もしっかりとバランスをとって自立します。

th_P1110963.jpg
さりげなくブランドロゴ。このくらいなら主張も小さいので気にしません。

th_P1110964.jpg
底面には滑り止め用のラバーが全面的に張られています。

th_P1110965.jpg
スタンドには1本のUSBケーブルが内蔵されています。これは取り外すことができません。スタンド自体は3つのデバイスをまとめて充電できるものですが、このケーブルから給電できるのはAirPodsだけ。iPhoneとApple Watchの充電には別途ケーブルを接続する必要があります。1つの接続で3つ充電できると勘違いして購入したのでちょっとびっくり。

th_P1110967.jpg
iPhoneをQiで充電する場合は、付属のmicroUSBケーブルをiPhoneスタンド部分の背面に差し込みます。

th_P1110968.jpg
Apple WatchはApple Watchに付属する専用充電ケーブルを使います。

th_P1110969.jpg
裏からはめ込むだけ。少々コツがいりますが、綺麗にハマればしっかりフィットします。

th_P1110982.jpg
iPhone XS、Apple Watch Series3(38mm)、AirPodsを同時に充電しているところ。いずれも毎日使って、毎日充電したいアイテムなので、枕元やデスクの上で1箇所にまとめられるのは非常に便利に感じます。適度な角度がついているので、スタンドに置いたままのiPhone操作や、Face ID開錠も問題なく行えました。ちなみに撮影のためにAirPodsの蓋を開けていますが、充電のために開く意味はありません。

th_P1110986.jpg
Qiチャージャー部分にはLEDランプも内蔵されています。

th_P1110989.jpg
iPhoneスタンドの底部は広く開けられているので、Lightningケーブルから有線充電することも可能です。Qi非対応のiPhoneや、その他スマートフォンを使用している人も安心です。

スタンドの裏に3本のUSBケーブルが伸びてしまうのが難点ですが、安定した接続先を確保して、デスクの上など常に同じ場所に設置するなら大きな問題はないのかなと思います。価格は4999円。いいお値段がしますが、デザインと実用性で選ぶなら十分にオススメできます。





Sponsored Link