Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

20

トミカ No.96 自衛隊 高機動車

th_P1120151.jpg
今日発売のトミカの今月の新車のもう一つ。自衛隊「高機動車」をご紹介。



Sponsored Link




th_P1120164.jpg
高機動車は陸上自衛隊に配備されている人員輸送用の車両。トヨタが開発し、日野が生産をしているそうです。

th_P1120165.jpg
高機動車は市販されていませんが、これを民間向けにしたものがトヨタの「メガクルーザー」というクルマ。メガクルーザーはトミカにもなったことがあるので、ご存知の方も少なくないでしょう。2メートルを超える車幅と無骨なデザインは迫力満点です。

th_P1120166.jpg
そう遠くないところに自衛隊の基地があるからか、私にとっては割とよく見かける自衛隊車両という印象。運転する人は大変そうだなぁとただそれだけを思って眺めています。トランスミッションは意外にもATのようです。

th_P1120167.jpg
正面から。メガクルーザーにも通ずる優しい表情のフロントマスク。丸目が可愛いですね。

th_P1120168.jpg
後ろから。

th_P1120170.jpg
th_P1120171.jpg
俯瞰して。幌はプラスチック製ですが、シワを見事に再現しています。

th_P1120172.jpg

th_P1120173.jpg
幌の脱着ギミック付き。

th_P1120175.jpg
車内には横長のベンチシートが並んでいます。

th_P1120176.jpg
運転席を覗き見ることも可能。

th_P1120178.jpg
th_P1120179.jpg
屋根無しだとこんな感じで。

th_P1120177.jpg
裏から。

th_P1120112.jpg
パッケージ。


th_P1120180.jpg
そしてこちらは初回特別仕様。ぱっと見は通常品にそっくりですが、

th_P1120181.jpg
幌パーツが付属せず、代わりに車内に自衛官が大勢乗り込んでいます。よくこんな作り分け思いついたなぁ。

th_P1120182.jpg
実車を見たことがある人は、こうやって大勢乗ってる様子も見たことがあるはず。

th_P1120183.jpg
前から。

th_P1120184.jpg
後ろから。

th_P1120185.jpg
th_P1120186.jpg
th_P1120187.jpg
満員です。姿勢のよさはさすが自衛官。

th_P1120191.jpg
裏から。

th_P1120188.jpg
th_P1120190.jpg
基本の作りは共通なので、通常品(奥)から初回特別仕様(手前)に幌を移植することができます。

th_P1120189.jpg

th_P1120110.jpg
パッケージ。幌が付属しないので、ギミックもサスペンションのみの表示となっています。

th_P1120192.jpg
th_P1120193.jpg
th_P1120194.jpg
高機動車のトミカはかなり大きいです。定番トミカの中でも群を抜いて大きいハマーH2と並べるとその大きさがよくわかります。ぜひ手にとって、この迫力を感じてください。


自衛隊 高機動車

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/70
ギミック:サスペンション/(幌脱着)
入手状態:新品
発 売 日 :2018年10月
納 車 日 :2018年10月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。


Sponsored Link