Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

04

オートアート 1/18 サイオン FR-S (シルバー)

th_P1120374.jpg
オートアートの1/18スケールミニカーからサイオン FR-Sをご紹介。



Sponsored Link




th_P1120377.jpg
サイオンはトヨタが2016年までアメリカとカナダで展開していた若者向けのブランド。「レクサス」がトヨタブランドと完全に独立して展開されているのと近いイメージですね。86は発売から2016年にサイオンブランドが廃止されるまでの間、アメリカでは「サイオン」ブランドから「FR-S」と言う名前で販売されていました。ちなみに86はヨーロッパなどの地域では「GT86」と名乗っています。

th_P1120379.jpg
FR-Sは日本向け86の「G」グレードに近い内外装の見た目となっています。トヨタブランドで販売されていた「86」や「GT86」と比べると「サイオン」ブランドのFR-Sは低価格帯車種の位置付けなのかな。

th_P1120380.jpg
正面から。Gグレード同様にハロゲンのヘッドライトとフォグライトレス仕様のフロントマスク。このほうがHIDライトをつけた86よりも優しい親しみやすい顔つきに見えますね。

th_P1120383.jpg
うしろから。リアは86と大きく変わりませんが、「FR-S」を示す車名エンブレムがついています。

th_P1120384.jpg
フロントのサイオンエンブレム。86のミニカーはたくさんありますが、FR-Sのミニカーはそんなに多くないので新鮮な感じがします。

th_P1120385.jpg
北米仕様なのでフロント側のサイドマーカーはオレンジ色。ホイールにもしっかりサイオンエンブレムが付いています。

th_P1120386.jpg
リアには赤いサイドマーカー。これは日本仕様にはない装備ですね。

th_P1120387.jpg
th_P1120388.jpg
86のかっこよさは万国共通です。

th_P1120389.jpg
th_P1120390.jpg
オートアートのミニカーといえばやっぱり開閉ギミック。

th_P1120391.jpg
当然左ハンドルとなっています。

th_P1120392.jpg
シートは黒×赤

th_P1120398.jpg
th_P1120401.jpg
ハンドルを動かすと連動して前輪が左右に動きます。

th_P1120393.jpg
トランク開閉。

th_P1120394.jpg
ボンネットも開きます。

th_P1120395.jpg
エンジンルームの再現もお見事。

th_P1120397.jpg
全部開けると迫力満点。

th_P1120372.jpg
th_P1120373.jpg
パッケージ。

th_P1120402.jpg
同じくオートアートの86 GT Limited(日本仕様)と一緒に。装備差をしっかり作り分けているのは流石オートアートクオリティ。

th_P1120404.jpg
よくみるとアンテナ形状の違いも再現されていることがわかります。

th_P1120406.jpg
右ハンドルと左ハンドル。

オートアートからは欧州仕様である「GT86」も商品化されています。これも未入手なのでいつかゲットしたい。ここまで揃ったらBRZも欲しい...まだまだ沼から出られなそうです。


サイオン FR-S

メーカー:オートアート
ブランド: - - -
スケール:1/18
ギミック:左右ドア開閉/ボンネット開閉/トランク開閉
入手状態:中古
発 売 日 :2013年5月
納 車 日 :2018年11月
標準価格:14800円+tax
入手価格:5000円+tax
記事分類:入手記録/レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。






Sponsored Link