MacBook Early2015を購入しました。

Mac
02 /26 2016

th_FullSizeRender_20160226002034f02.jpg
これまで、ほぼちょうど3年前に購入したMacBook Air Mid2013の13インチモデルを長いこと使い続けてきましたが、うっかり昨日アップルストア銀座にて新型2015年モデルのMacBookを購入してきました。

MacBook Airはいまでも根強い人気のあるモデルで、性能そのものも私の使い方では全く不満ありませんでした。しかし、「バッテリーの交換修理」という異常を示すメッセージがずっと表示されていてどっちみち修理を考えなくてはいけないタイミングだったことと、いつも使っているカバンに入れて持ち歩くには13インチのAirは大きすぎて重すぎるということから修理出すくらいなら奮発して新型に手を出してしまおうと。後述の学割キャンペーンも購入を後押ししてくれました。

詳細のレビューは専門のブログやメディアが散々詳しくわかりやすく書いていますので、私は購入報告程度の気分でアップします。



これまでのMacBook Airがシルバーなので、雰囲気を変えてゴールドかスペースグレイのどちらかにしようというのは前々から決めており、上の写真のように並べてどっちにしようかずっと悩んでいました。笑

th_P2250371.jpg
悩み抜いた末に購入したのがこれ。

th_P2250372.jpg
スペースグレイ。無難な選択をしたといったらそれまでですが、暗すぎず明るすぎないカラーがMacBookのデザインによくマッチしていると感じたのでこっちに決めました。iPhoneやiPadではおなじみのカラーですが、Macとしては初採用なので新鮮さもバッチリです。

th_P2250373.jpg
箱からだして。Macユーザーはスタバへ行くものだという安直な発想からスタバで開封しました←

MacBook Early2015 256GBモデル。一応2015年型の無印MacBookとしては一番安いモデルですが、安物と謙遜する必要はない位にいいお値段します。iMacの一番下のモデルと同じくらい。


th_P2250375.jpg
ディスプレイ周辺も全てブラックなので、実際よりも大画面に見えますね。これまでのAirより1インチ小さくなったわけですが、思ったほど違和感はありませんでした。

th_P2250377.jpg
今回はかっこつけてUSキーボードをセレクト。ローマ字入力するならたいして変わらなそうですが、ローマ字と英数字を切り替えるのに使う「かな」「英数」のキーがなかったり、エンターキーやスペースキーの大きさが違ったり、記号の配置が違ったりするので慣れるまではちょっと苦労しそうです。コントロール+スペースで入力切替はできるのですが、それも慣れるのに時間がかかりそうだったので」「Karabiner」というソフトを使って左右のコマンドキーにそれらの機能を割り当てました。ググってみるとこういった割り当てをしているUSキーボードユーザーも少なくないようです。

最初にあげたゴールドとスペースグレイが並んだ写真は日本語キーボードなのでくらべて頂くと違いがわかりやすいかな。

今回のMacBookは新開発のキーボードが採用されていて、今までのMacやPCと違う独特の打鍵感があります。好みがわかれるようですが、私はこのキーボードを初めて触った時から気に入っていたので、まだ慣れてはいませんがネガティブな印象は持っていません。

th_P2250380.jpg
背面。今回のMacBookは、今まで当たり前のように光っていた林檎マークが光らないことも話題になりましたね。iPhoneなどで見慣れた鏡面仕様です。寂しい気もしますが、黒く反射するリンゴも悪くないのかなぁなんて。

続きを読む

iPhoneが鍵になるアプリ、Keycard。

Mac
03 /11 2013
iPhoneがMacのキーになる。
画期的だと思いませんかー?

そんなMacApp。
リリースされてから既に時間経ってますが、
今更ながら購入してみたので感想とかアフィリンクのテスト兼ねて
紹介の記事かいてみましたw

とりあえず導入方法。

$tadatchiの育て方。
まずはAppStore開きましょう。

$tadatchiの育て方。
Keycardといれて

icon
icon
これをクリック。

$tadatchiの育て方。
こんな感じ。今回紹介するのはv1.1、600円で購入したものになります。


自分が戸惑ったのでセットアップ方法を簡単に。

1,Mac、iPhoneのBluetoothを有効にする。
(iPhoneをデバイス未設定の人は追加設定)

2,ステータスバーのKeycardアイコンをクリック。
$tadatchiの育て方。
右上の歯車、設定ボタンをクリック。

$tadatchiの育て方。
Add a new deviceでiPhoneを設定。
ただしくできれば自分のiPhoneの名称が表示されるはずです。

うえの4つの四角にはiPhoneがなくてもMacの鍵を
解除するための暗証番号を登録しておきます。

あとはiPhoneをもって離れるだけ!


$tadatchiの育て方。
ある程度はなれるとこんな画面に切り替わりロックがかかります。



そしてまたかえってくると自動でロックが解除されます。
photo:07

photo:08


こんな感じ。


自宅でためしてみた感じだと、いま自分がMBAをおいてる場所から
トイレいくとちょうどよくロックかかります。5メートルくらいですかね。

神経質なロックのときは自分でかけて当然ですので、
トイレいくとか、電源きりわすれて外出とかで
その隙にのぞかれる心配が嫌な人にはいいかなって思いました。

なによりさっきもいいましたがiPhoneがキーになる。
これが私にとってはあまりにも魅力的でした。

予備ロック的に使ってみてもいいかもしれませんね。

しかし

逆に全くだめだとお怒りになってるレビューも
AppStoreにはあるので利用は自己責任でって感じでお願いします。

AppStoreへのリンクはこの下の画像をクリック。
icon
icon

MacBook Airがやってきた!

Mac
03 /08 2013
大学もきまりとりあえず一段落。

祖父から入学祝いいただきましたー

こちら銀座のAppleStoreで購入。

$tadatchiの育て方。
学割適用です!-4400円かな

$tadatchiの育て方。
こちら。MacBook Air 13インチ 128GBモデル。

$tadatchiの育て方。
化粧箱。

$tadatchiの育て方。
付属品はiデバイスとそんなに印象かわらないですね。

$tadatchiの育て方。
初電源オン

$tadatchiの育て方。
あとはiOSと同じように淡々と初期設定をしていき、
セットアップ完了!

$tadatchiの育て方。
美しゅうございます…(うっとり

$tadatchiの育て方。
デスクトップの壁紙はこんな感じに。
デフォルトの壁紙のなかから選びました。とりあえず色合いで。

Airにキーボードバックライトついてないと思ってたけど
ついててびっくり。この前の改良で追加されたんだっけな。

$tadatchiの育て方。
さらに学生特典で1万円分のiTunesCardがもらえました。

$tadatchiの育て方。
キャッチコピーがさすがAppleさん。

$tadatchiの育て方。
ケースはこんなの購入。

$tadatchiの育て方。
あとMBAだとディスクドライブ内蔵していないのでこれを購入。

$tadatchiの育て方。
公式サイトに載ってる写真はこれだけ。
どんなものだろうかと思って開封しましたが
ほんとにこれしかないものでしたw

$tadatchiの育て方。

$tadatchiの育て方。
背面にロゴとかがありました。

まだ取り込みや書き込みは試してないのでよくわからないけどね。


買ってくれた祖父母に感謝。大切に使おう。


さっそくMacからの投稿でした。
Sponsored Link


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ Push7で購読する follow us in feedly Twitterボタン Instagramボタン

“86/BRZまとめ”

“初回特別カラーまとめ”

Sponsored Link