Retroletra.com

トミカ No.100 Honda フィット シャトル

tadatchi

tadatchi

明日、新型フィットのトミカを引き取ってくる予定ということで、その前に歴代フィットのトミカをあげてきましたが、今回のフィットシャトルで最後です。

No.100は3代連続でフィットだったんですねぇ。

th_P5231128.jpg
先代フィットをベースにストレッチしたフィットシャトル。
最近フィットの名前が消えて新型のシャトルが発表になりましたね。

th_P5231129.jpg

th_P5231130.jpg
このいかにも延長しました感のあるサイドビューは好みが分かれるところ。
私は正直苦手です。

th_P5231131.jpg

th_P5231132.jpg
ギミックは他のフィットのトミカと同様に後部ドア開閉。

th_P5231136.jpg
1/68 ベトナム製。



…1/68!?



th_P5231133.jpg
このフィットシャトルはトミカの価格改定前の商品で、いわゆる「縮みトミカ」時代のものです。
手にとってみて明らかに小さいとわかります。

th_P5231134.jpg
左のフィットを延長して作ったのがフィットシャトルなのに、トミカだとこの差。
統一スケールではないトミカなので、バスとカローラが同じ全長なことをわざわざ突っ込んだりはしませんが、これはさすがに…と当時思ったものです。

この時期のトミカはギミックがあるだけましなレベルです。

この時期のトミカはメーカーもさすがにやりすぎたと気づいたのか、早々に廃盤になったものが多いですね。
アベンシスとか、ヴィッツとかジュークとか。

カラバリも出てなかった気が。

値上げしたこともあってか、最近のトミカはトミカらしい大きさと、トミカらしいギミックが復活してくれたの一安心です。